[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:00115] Install Report (0.9beta7 with updates)


志田と申します。はじめまして。

雑誌の発売が待ちきれず,FTP でパッケージを入手して職場の PC にインストール
しましたので経過をご報告致します。

パッケージ(Vine-0.9beta7)は,ローカルの FTP サーバーに転送して使用しました。
# 入手先は RingServer (ring.asahi-net.or.jp) です。

当初,/i386/images 以下の boot.img,supp.img でインストールディスクを作り,
インストールを行なったところ:
(1) Disk Druid 起動時,特に指定していないのにパーティションが切られてしまう。
    => /dev/hda5,/dev/hda8 などが勝手に(?)作られてしまう
(2) ドライバを指定し,Autoprobe を選択しても NIC が認識されず,画面の背景に
    エラーメッセージが出たまま先に進めなくなる。
といった不具合がありました。

そこで /updates を入手し,
(1) /updates/images/fixes.tar.gz を /i386/RedHat 以下に展開
(2) /updates/images/boot.img,supp.img でインストールディスクを作成
して再度インストールを行なったところ,FTP 経由でも問題なくインストールでき
ました。(^_^)V

というわけで,updates は重要ですね。
うまくいかない方は /updates を試してみるといいと思います。
# この存在に気が付かずにハマっていたのは私だけでしょうか?(^_^;;)

諸設定はこれからですが,X を立ち上げたところ,デフォルトのままで日本語が出て
きたので驚きました。いやー,すごいですね。
ただ X 起動時にブランクのダイアログボックスが現れるのが気になります。当方で
別にフォント設定をしなければいけないのかな?
# X まわりは現在修行中です。スミマセン

他の方も発言されていましたが,kon2 をデフォルトインストールに入れて頂けたら
なあ,と思います。タイプミスしたエラーメッセージが日本語で出てきたので,kon
を起動しようとして起動されず,少々あわてました(^_^;)。

明日からいろいろと tune してみたいと思います。

関係諸氏の皆さん,ありがとうございます。


(付)以下,使用した PC の構成です。

PC:    DEC VENTURIS 5133  ※ 4年前に導入,今となっては Old Machine ですが
        CPU:    Pentium 133MHz
        RAM:    48MB
        HDD:    EIDE 1.2GB 
        Video:  S3 Trio64 (2MB)

        NIC:    AMD Am79C970A (PCnet-PCI II) 10BASE-T
        Driver: AMD PC/Net 32
                10BASE-T で FTP サーバー(RHL 5.2)に接続

HDD は業務上 Windows95 をはずせないので,
(1) fips.exe で Windows95 領域を 1.2GB => 640MB に縮小
(2) インストーラの Disk Druid で / と swap 領域を確保してマウント
(3) swap は RAM の 48MB強,ということで 64MB に設定

        /dev/hda1  640MB  FAT           Windows95
        /dev/hda2  521MB  Linux Native  /
        /dev/hda3  64MB   Linux Swap    swap

--
Atsushi SHIDA
shida@allied-telesis.co.jp

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」