[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:00384] Install report & Problems


はじめまして。
川崎@神戸大と申します。

LinuxJapanにCDがつく前にftpでインストールしたのですが、
設定その他ではまってしまい、報告が遅れました。
とりあえず、いろいろいじったまとめです。

#本来ならそれぞれメールを分けるべきところですが、
#まとめてしまいました。お許しを。
#ついでに長いです(^^;

環境は、
   Mother: ASUS P/I-P6NP5
   CPU: PPRO200-256Kcashe (233MHz駆動(^^;)
   RAM: 128M (FastPage)
   HDD: Westan Digital Caviar ???(2.1G)
   GRAPHIC: Matrox Millenium II (4M)
   CDROM: ATAPI
   NIC: 3C509B
   SOUND: SB-PCI64(Ensoniq es1370)

1。インストール
   すんなり行くはずだったのですが、ftpの途中で意味不明のエラーが発生し、
   インストーラが勝手にshutdownしてしまうという問題が起きました。
   いろいろ試行錯誤したのですが、結局はどうやらHDDがおかしかったようで、
   format時にbad blockをチェックするようにしたらうまくいきました。
   また、ほかのマシンでも試したところ、問題なくインストールできました。
   結局これはvineの問題ではなかったようです。また、Millenium IIは自動認
   識されませんでした。よって、手動でSVGAサーバを入れました。ほかのマシ
   ンではVision968が自動認識されてました。NICも3C509BのほかEther express
   proが使えました。ただ、これはRedHatのインストーラによるものなので、あ
   まり報告する意味はないかも知れません(^^;

2。ソフト関係
 ・sendmailやinetdは快調に動いています。デフォルトのsendmail.cfでも
   relayが効かないのでとりあえず安心して使えます。欲を言うと、roamが
   デフォルトで設定されていてほしかったです。結局、CFで書き直しました。
   
 ・追加したサーバもあります。ssh-1.2.26はTurbo3.0のものをそのまま入れ
   ました。問題なく使えます。また、ssh-2.0.11はパッケージをつくりました。
   sshに関してはPAMに対応していないため、shadowに切り替えると使えなくな
   りました。この場合でもrpm --recompileすればOKです。ソースそのものは
   GPLでないので、.specだけでも近々公開(contrib?)しようかなと思っています。
   
 ・めんどうだったのはqpopperです。これはdebianのfaqで回答を見つけたので
   すがconfigureスクリプトで生成されるconfig.hの
	#define HAVE_FLOCK
   という部分を手でコメントアウトしないとpopauthがうまく動きませんでした。
   redhatのcontribから、pam対応のものを拾ってきたのですが、上記の対策を
   追加して新たにパッケージ化しました。

 ・kernelは即刻再構築しましたが、/var/log/messagesに

Jan 21 18:40:19 hoge kernel: klogd 1.3-3, log source = /proc/kmsg started.
Jan 21 18:40:19 hoge kernel: Error in symbol table input.
Jan 21 18:40:19 hoge kernel: Cannot find map file.

   というログが残ります。これは原因不明です。2.2.0も試しましたが上記以外は
   問題がないようです。

 ・soundにはalsaを使っています。いい音で気持良く使えています。alsa-libと
   alsa-utilsもrpmにしました。alsa-driverはモジュールのため、rpm化しても
   意味がなさそうなのでやってません。しかし、alsaのソースにはutilsという
   ディレクトリの下にspecファイルがあるので簡単にrpm化が可能です。

 ・悲しいかな私はwnn使いなので、Wnn6を入れ、muleもPJEのものに変えました。
   pathが変わる以外は問題ありません。ただ、Wnn6-v2.0付属のxwnmoはどういう
   わけかうまく使えません。kinput2では問題なく入力できていたktermもxwnmo
   では確定するまで文字が見えませんし、netscapeは[ctrl]-\を打っても何の
   反応もありません。原因についてはいろいろ試していますが、不明です。
   xwnmo側の問題かアプリ側の問題か設定ミスかも切り分けられていませんので
   何ともいえません。エラーメッセージも出てきませんし...(^^;
   とはいえ、netscapeの落ちる割合がplamoやturbo1.4に比べても格段に減った
   のでありがたいです。

 ・updateパッケージも入れましたが、不精をしてWindowMakerをあげたまま作業
   したためか、wcsmbs-localeの日本語に関係する部分がぐちゃぐちゃになって
   しまいました。「updateはシングルユーザモードで行うこと」と、READMEに書
   いておくと良いかもしれません(^^;

 ・adduserコマンドでアカウントをつくるときにつくられるホームディレクトリ
   のパーミッションが700になってしまい、ほかのユーザは全くアクセスできな
   くなってしまいます。原因は不明です。

 ・これは問題ではないのですが、r*コマンドで使う.rhostsというファイルはグ
   ループや一般ユーザに書き込み許可を出しているとr*コマンドに蹴られてし
   まうようですが、redhatの方針として、ファイルをつくったときのパーミッショ
   ンが664になるため、少なくとも644に変更しておかないと、.rhostsをつくっ
   てもパスワードを聞かれ続けます。私はこれでかなりはまってしまいました。

	#もしかして常識?

   etcskelパッケージにモードを正しく設定したテンプレートを入れておくと
   混乱を防げるかも知れません。

 ・XIGのAccel Xも入れましたが快調です。

 ・申し訳ないのですが、vtoolsは今のところ使っていないので何ともいえません。
   vmail目当てにいれたはずだったのですが....mewに落ち着いてしまっています(^^;

あんまり参考にならない情報ばかりですが、ご報告まで。

----
川崎 振一郎

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」