[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:00553] Re: vmailでのSMTP設定


vmail 作者です(^^;

> vmailでメールの送受信をしようと思い、メールを送ることは出来たのですが、
> SMTPサーバを設定するところがわからなくて受信が出来ません。

SMTP サーバの指定というのは、メールを送信するときに関係してきます。
受信時に SMTP サーバをしていする必要はありません。

> どうやらmhというものがあやしい、とにらんで、mhと名のつくものを端からviで開い
> てみたりしたのですが、どうにも・・・

  プロバイダ経由でメールを受け取る場合は、POP や IMAP を使ってメールを
ローカルホストのスプールに取り込む必要があります。VineLinux では vfetchmail 
というツールを使ってローカルホストにメールを取り込みます。
  vfetchmail は fetchmail というプログラムにGUI をかぶせたものです。
VineLinux の配付を行っているサイトの TestPkg というディレクトリに置いてあり
ます。vmail, vedit の最新版もこちらにおいてありますから、アップグレードして
おいてください。root になって、

# rpm -U hogehoge.i386.rpm

でアップグレードできます。

vfetchmail のインストールは

# rpm -i vfetchmail-0.1-3.i386.rpm

とします。


  まずは vfetchmail を起動してみましょう。

プロンプト# vfetchmail

vfetchmailというウィンドウがでてきたと思います。まだ設定を行なって
いないので、このままではメールを取り込むことができませので、各自自分なりの
設定をしてください。

・vfetchmail の設定
  設定には次の情報が必要です。
  1. プロバイダのPOPサーバの名前
  2. POP ユーザ名
  3. POP パスワード
  4. ローカルホストでのユーザ名

  ここでは、次のようなサンプルを仮定して説明していきます。
実際にはプロバイダから貰う情報を参考に適宜置き換えてください。

+----------------------+-------------------+
|プロバイダのPOPサーバ |  pop@hoge.ne.jp   |
+----------------------+-------------------+
|     POPユーザ名      |    e-takeda       |
+----------------------+-------------------+
|     POPパスワード    |    hogehoge       |
+----------------------+-------------------+
| ローカルでのユーザ名 |      takeda       |
+----------------------+-------------------+

vfetchmail のウィンドウの虫眼鏡ボタンをおすか、メニューから[設定]を
選択して設定用ウィンドウを呼び出てください。

  まずは「メイルサーバ」。ここには先程調べた情報の「プロバイダのPOPサーバ」の
名前を書き込みます。その次の「ユーザ名」には「POPユーザ名」を書き込みます。
「プロトコル」にはプロバイダが指定したプロトコルを書き込みます。

  設定の中で一番ややこしいのは「パスワード入力」と、「メイルハンドラ」の指定
です。「パスワード入力」のエントリには文字を入力しても見えなくなっています。

このエントリにパスワードを打ち込んでリターンを押すと確認のウィンドウがでます
から、もう一度打ち込んでください。両方が一致した場合パスワードが更新されます。

  「メイルハンドラ」には自分の好きなプログラムを指定することができます。
procmail でメールの振り分けをしたい方もおられるでしょうが、一番簡単な例
として、単純にローカルホストのスプールにメールを置く方法を紹介します。

mda "/usr/sbin/mail.local -d takeda"

と書き込んでください。これは mail.local というプログラムを使ってローカル
ホストのメールスプールにメールを取り込むことを意味しています。
「takeda」と書いてある部分は自分のローカルマシンでのアカウントを書いて下
さい。

・メールの取り込み
  赤いポストのアイコンをクリックすると、サーバにアクセスしてメールを取り込
みます。エラーが出たら設定を細かくチェックして下さい。もし、パスワードに自
信が無ければ、ホームディレクトリの下の .fetcmailrc を直接エディタで設定して
ください。

とりあえず、これでローカルのスプールにメールは取り込めます。
ローカルのスプールにメールを取り込めば、vmail の「新着メール」ボタンで
メールを取り込むことができます。

まぁ、これのドキュメントをツラツラ読むより vfetchmail を起動して
色々やってみるのが一番早いかとおもいます(^^;

---
大阪大学大学院工学研究科電子情報エネルギー工学専攻
システム計画工学講座  谷野研究室 M2
竹田 英二(e-takeda@vanilla.pwr.eng.osaka-u.ac.jp)

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
References: