[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:04908] Partition code f の認識


はじめまして。すずなり = マルチブートでひと苦労 = です。
  - Datula Version 1.13.00 * Windows 98  (Build 1998)
  - 1999-05-09 13:48:43 
# すみません。長文になりました。

 /Vmag.(5/15)を買ってきて、Vine Linuxをインストールしてみました。

▽
 インストール時のマウントポイント設定のところで、
 Hex code [f] の Win95 Extended パーティションが拡張パーティションと
  して認識されないため、
 拡張パーティション内の論理パーティションが表示されません。
 fdiskでHex code を fから 5(Extended)に変更する必要があるようです。
△

 Win98とのマルチブート環境を作ろうと思って、何も入ってない(全パーティ
ションを削除したての)HDDを用意して、次のような操作をしました。

1) Win98起動ディスクでパソコンを起動
2) Win98起動ディスクのFDISKで、基本パーティション(2GB)を作成
3) 続いて、拡張パーティションだけを作成(論理パーティションはナシ)
  # これは、あとでPatitionMagicを使って、GUIでお手軽にパーティション
    # 作成をしようと思ったからです。
4) Win98インストール
5) Win98から、PatitionMagicで、拡張領域内に論理パーティションとして、
  Linux native(EXT2:2GB)とLinux Swap(64MB)を作成&初期化
 このとき、HDDの構成はこうなりました。

	hda1 基本[ 2GB] DOS 16-bit >= 32(Hex code:6) //Win98 FAT16
	hda2 拡張[----] Win95 Extended(Hex code:f)
	hda5 論理[ 2GB] Linux vative(Hex code:83)
	hda6 論理[64MB] Linux swap(Hex code:82)
	hda7 ----[ 4GB] (未設定:Win2000用(^^;))

6) リブート後、Vine Linuxをインストール

 で、マウントポイントを設定するところで、第2パーティションが約6GBの
unknownパーティションと表示されて、中の論理パーティションを選択できま
せんでした。

 これは、fdiskで、(パーティション構成は変更しないで)拡張パーティシ
ョンのHex codeを 5(Extended)にすると、中の論理パーティションも表示され
て、パーティションのマウント(とスワップ領域の割り当て)ができるように
なりました。Hex codeを変更しても、特にWin98にもLinuxにもマルチブートソ
フト(BootMagicを使用)にも影響はないみたいです。

 インストールそのものには特に問題ないですし、わたしのケースでは仮に
unknownパーティションを消してfdiskで再構成しても大したことなかったです
けど、例えば Win95 Extended領域内の論理パーティションにNTが入ってるよ
うな環境では、よくわからずにunknownパーティションを消してしまうと大変
なことになると思います。
 ので、インストール途中に、Win95 Extended領域の扱いについての情報が表
示されるといいかもしれないです。
# 一番いいのは、マウントポイントを設定するところで、Win95 Extended領域
# も拡張パーティションとして認識することかもしれないですけど……

<<__鈴生くるみ // SUZUNARI Kurumi________________________>>
    mailto:suzunari@mars.dti.ne.jp
    http://www.mars.dti.ne.jp/~suzunari/suz/index.html
                                       [パソコンのある生活]

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」