[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:05317] Re: Vineでkernel 2.2.Xを!!


福崎です。

> はねさんをはじめ、プロジェクトの方は非常に忙しいようなので、正式な
> 対応を求めるのは、とりあえず置いといて、このMLに参加されている方で、
> kernel 2.2.X へ移行されている人の実施例を出し合いませんか?

これ、賛成です。

私はVine1.0Betaにkernel.orgから拾ってきたkernel2.2.5を
/usr/src/linuxに展開してそのままコンフィグ、コンパイル、LILOという
暴挙をVineはじめてすぐにやりました。

実は今でも元気に動いています。

その時に書いた日記を投稿します。
まったく編集していないので読みにくいかもしれませんが、
ご参考までに。

1999年4月6日
LILOによるブートフロッピーの件は一時おいて、今日はメインマシンから
新マシンへの換装を行った。メインマシンを後輩に貸して研究をやらせる
ことになったのである。(メインマシンはあくまでも筆者の個人のもので
ある)
新マシンのスペックを一応ここで述べておく。ただし後からパーツが届く
予定なので後で変更になる。

MB: GIGABYTE GA-6BXC
CPU: Celeron 300A もちろん450で動作させる
RAM: I-O DATA S100-128M
VC: Millenium G200 8MB(SG) AGP
SC: Sound Blaster PCI128
SCSI: Tekram DC-390F
HD: DDRS-34560U

ここに自分で所有していたハードディスクやフロッピーディスクドライブ、
CD-ROMドライブを追加して、

NIC: A.I.Brain E2000T (ジャンパ設定可)

を使った。

使用したカーネルは2.2.5。最終的にはSC,SCSI,NICともカーネルに含
まれているドライバーだけで間に合った。
ここでは特にこの3点について説明しておく。

NIC: A.I.Brain E2000T

このカードはISAで10BASE-T、ジャンパ設定可、安い、NE2000互換と
PC-UNIXユーザーには大変有難いもので筆者はずいぶん前にこれを2枚ほど
秋葉原のプラットホームで買い貯めしておいた。カーネルのコンフィグでは

NE2000/NE1000 Support

をYにしておけばよい。


SCSI: Tekram DC-390F

このカードはPCIのUltra Wide SCSIアダプターで、(大学の予算で購入
することを考えると)安く入手できる。Ultra Wide SCSIのパフォーマンス
に関しては今のところあまり情報を得ていないのでここでは述べられない。
カーネルのコンフィグでは

NCR53C8XX SCSI Support

をYにしておけばよい。DC-390に関してはその名前でカーネルの
コンフィグが出来るのだが、F,U等は内蔵しているチップでドライバが選択
されるそうで、FはこのNCR53C8にしろと色々なところ(Tekram DC-390(T)
 and Am53/79 C974 SCSI SuportのHelpとか)で書かれているのでこの
設定にしたら動いた。


SC: Sound Blaster PCI128

はじめはSounc Blaster 100%コンパチということでコンフィグしたが
全然動かなかった。そこではねひでや氏のページを見てみることにした
(http://www.flatout.org/~wing/Linux/Hardware/)。このページで
得た情報によるとSound Blaster PCI64はEnsoniq AudioPCI ES1370
として認識されるらしい。そこでカーネルのコンフィグで

Ensoniq AudioPCI (ES1370)

をYにしておけばよい。ES1371も試してみたが動作しなかった。
ES1370で音はでるがノイズがひどい。ドライバーのソースを見てみると
どうやら/dev/dspではなく再生には/dev/dsp1を使わなくてはならないらしい。WSoundPrefs
の設定を/dev/dspから/dev/dsp1に変えたら効果音が
きれいに再生されるようになった。しかしdsp1は再生専用なので録音時には
/dev/dsp(あるいは/dev/audio)を使わなくてはならないようである。
ただし、/dev/dspで録音したデータを/dev/dsp1で再生すると
高速(2倍くらい?)で再生されてしまう。何故だろう.....

#ちなみに最後のPCI128はAWE64と交換で後輩に譲りました。(笑)

------------------------------------------
Tokyo Metropolitan Institute of Technology
			Akinobu Fukuzaki
	TEL +81-42-585-8600 ext.4212
           e-mail : fukuzaki@cap.bekkoame.ne.jp

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」