[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:05345] Re: Vineでkernel 2.2.Xを!!



Kernel 2.2 への実施例( 岡野@ソフィックスの場合)

現在私は2台のマシンでVineを動作させていますが、
それぞれカーネル 2.2.9 としています。両方ともPCMCIAは
利用していませんので、すんなりいきました。
以下、長文ですみませんが私の例です。


[1] 各ハード構成は以下の通りです。

  (1) K6−2マシン
     CPU    :AMD K6-2 450M
     MB     :SOYO 5EH
     MEMORY :128M
     IDE    :HDD 1.6G, 4.6G, 12G
             このうち真ん中の 4.6Gに / および SWAPを作成
             /usr を最後の12G中に指定してあります
            :CROM 
     SCSI   :INIT-IO 9100U
             CD-RW(YAMAHA)+CompactFlashMemoryCard-Reader
     VIDEO  :ATI-ALL-IN-WONDER-PRO( ATI RAGE PRO +TV-IN-OUT )PCI-bus 4M
     SOUND  :AWE64 
             (SB16 はBeOS で不備が有ったので交換)
     NET    :NE2000(10base-T PCI)

  (2) Dual celelon マシン
     CPU    : Celelon 300A(Soket370+下駄) *2 -> 450M ClockUp
     MB     : tekram P6B40D-A5
     MEMORY :128M
     IDE    :HDD 10G
             半分をWINNT,残りを VineとBeOS
     SCSI   :なし
     VIDEO  :RIVA TNT AGP-bus 16M
             (ATI RAGE 128 はどうにも X を動かせなかったので断念)
     SOUND  :なし
     NET    :NE2000(10base-T PCI)


[2] Vine を 2.2.X にするのに実施したこと−1(カーネル以外)

   (1) 必要な rpm ファイルを取得
      私は redhat5.2 のアップデート記述に従いました
      ring.asahi-net.or.jp/pub/linux/RedHat/redhat/updates/5.2/kernel-2.2/SRPMS/

      から、アップデート用のモジュールのソースパッケージ
      dhcpcd-1.3.16-0.src.rpm 
      initscripts-3.78-2.4.src.rpm
      ipchains-1.3.8-0.src.rpm
      modutils-2.1.121-0.src.rpm
      mount-2.9-0.src.rpm
      net-tools-1.50-0.src.rpm
      procinfo-15-0.src.rpm
      samba-2.0.3-0.src.rpm
      util-linux-2.9-0.src.rpm

      を取得しました。
      いくつかは kernel のドキュメント中の必要バージョンより
      古いのですが問題なくいけてます。

    (2) アップデート前に必要なファイルを保管しておきます。
       /etc/sysconfig/ の i18n, i18n.sh
       /etc/rc.d/ の rc.local

    (3) コンパイルとアップデートを行います。
      rpm --rebuild hogehoge.src.rpm 
      ですべてコンパイルし直します。

      結果 /usr/src/redhat/RPMS/i386 中に
      それぞれのrpm ができますので

      cd /usr/src/redhat/RPMS/i386
      rpm -Uvh hogehoge.rpm
      とやってそれぞれをアップデートします。

      ここで、net-tools1.50-0.src.rpm は
      rpm --rebuild 中にヘッダファイルの関係でエラーが
      でましたので、上記ミラーサーバから net-tools1.50-0.rpm
      そのものをとってきて、これだけ直接 rpm --UVh xxx しました。

      また、DHCPとSAMBAは使用しないならば実施しなくてもいいと思います。
      セキュリティ上や機能の問題ですので、後で随時最新版と交換してください。

    (4) 先ほどとっておいたファイルを元に戻します
       i18n, i18n.sh , rc.local を元の場所にコピーします。


[3] Vine を 2.2.X にするのに実施したこと−2(カーネル部分)

   (1) kernel.org またはそれのRING サーバから kernel-2_2_9_tar.gz 取得
   (2) 以下のように展開
       cd /usr/src
       rm linux 
       tar zxvf /hogehoge/kernel-2_2_9_tar.gz
       mv linux kernel-2.2.9
       ln -s kernel-2.2.9 linux

   (3) コンパイル
       cd linux
       make mrproper
       make menuconfig
        .... 自分の必要とする物のみ組み込む ..
       make dep ; make clean 
       make bzImage
        .... FDで起動しないつもりなのでほとんど組み込んで
             しまうため、カーネルが大きいのです

       make modules; make modules_install
       installkernel 2.2.9 arch/i386/boot/bzImage System.map

    (4) LILO の書き換え
        vi /etc/lilo.conf
        images=/boot/vmlinuz-2.2.9
        label=229           (何でもいいのですが)
        root=/dev/hogehoge   (/のあるパーテーション)
        read-only
       の行を追加

    (5) lilo


[3] 起動

    boot:  で 上記 229 を入力すれば新カーネルで立ち上がります。

[4] その他実施したこと

    ・xosview, ppxp は kernel 2.2 用が有りますので、その最新版を
      取得して交換します。
    ・また、ppxp で使用する user-link もやはりコンパイルし直します。
    ・Dual を有効にするため SMP,MTRR は ON にしました。(make menuconfig)

[5] 補足です。

    ・私の場合、はじめから 2.2.9 ではなく 2.2.3 からトライしつづけ、
      順にアップデートしていきました。ただし、Dual-celelon は最初から
      2.2.9 にしていますので、上記手順でいけると思います。


    ・カーネル以外もだいぶ取り替えますので、LILO の起動で、2.0.36 の方を
      選ぶと、Boot の最中に色々エラーが表示されると思います。ですので、
      どうしても2.0.36 が必要なマシンでは実施しないほうがいいと思います。

    ・以上が、取り合えずの御手軽コースかなと思います。
      ただし、それぞれの方のハードウエア環境で、必ず成功するかわかりません
      ので、念のため十分なバックアップをとっておいてください。

    ・Dual-Celelon 450M は十分に早く、助かります。kernelコンパイルが2分弱
      です。
    ・ATI のビデオカードのほうは キャプチャチップがBT829? という変わり種で、
      せっかくの Video4linux が使えません。その代わり GATOS という
      プロジェクトで ATI専用のモジュールを作っていて、これらによってTVが
      見られます。もう少しで、本家に反映されるようで期待しています。

ではでは、また。


************************************
(株)ソフィックス  岡野 富士夫
E-MAIL  fujio-okano@sofix-inc.co.jp 
*************************************

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: