[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:05652] Re: インターネッ トへのPPP接続について(PCG-C1Rで)


>>>>> In <9905221343164@air.linkclub.or.jp> 
>>>>>	まさふみ <fumix@air.linkclub.or.jp> wrote:

> rootから「qdial」を使ってPPPの設定をしました。
> 設定は/etc/ppxp/conf/ に書き出しrootから接続したのですが
> このときは(つまりrootからだと)接続できたのですがローカルから
> 接続しようとしても繋がりません。
> ローカルでも「qdial」の設定をしなければいけないのかと思い設定して
> ~/.ppxp/conf/ へ書き出しました。

/usr/doc/ppxp-0.98112523/ja/QuickStart.txt のここら辺りが関係
してそうな気がするのですが.

[ここから]--------------------------------------------------------------
  PPxPはroot権限を持って起動されますが、基本的に最初に接続したコンソール
  のユーザー権限で動作します。したがって、そのままではモデムのデバイス
  ファイルやロックディレクトリに対して読み書きの権限がない可能性がありま
  す。これに対する処置は各OSあるいはLinuxの各ディストリビューションに
  よって異なります。

     Red Hat Linux, TurboLinux
        /dev/ttyS*がrootグループで、一般ユーザーから書き込みできなくなっ
        ています。また、/var/lockディレクトリはuucpグループなら書き込み
        できるようになっています。まず、PPxPを利用するユーザーをuucpグル
        ープに参加させて下さい。次に、root権限で以下を実行して下さい:

           # chmod 660 /dev/ttyS*
           # chgrp uucp /dev/ttyS*

     Debian GNU/Linux
        /dev/ttyS*はdialoutグループに対して読み書きでき、/var/lockディレ
        クトリは全てのユーザーが読み書きできるようになっています。PPxPを
        利用するユーザーをdialoutグループに参加させて下さい。

     Slackware
        /dev/ttyS*はttyグループで読み書きでき、/var/lockディレクトリは全
        てのユーザーが読み書きできます。PPxPを利用するユーザーをttyグル
        ープに参加させて下さい。
[ここまで]--------------------------------------------------------------
-- 
Tsuyoshi KAWABE
URI              http://www.vega.or.jp/~kawabe/
PGP fingerprint  BC 8D 02 E2 03 57 A1 53  5E 44 1F 5A E5 4B 52 55
GPG fingerprint  F598 1A7A 4A63 52F6 5024  74CC 2A31 7F54 02EC 41D2

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
References: