[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:05989] Re: redhat6.0にlocalにつなげたprinter


こんにちは。 竹島@岡豊病院です。

自己レスです。

やっと、vine------>(redhat6.0 with LIPS3pinter)は解決しました。
1.もともとvineのprint toolのtestでPSは印刷できていた(葡萄の絵が出てく
る)。
2.しかし。ghostscriptからtiger.psは印刷できなかった。

しかし、次のように改良すると
ghostscriptからtiger.psは印刷できるようになりました。
1.vineのfilterをLIPS3からPSに変えた。

なお、applixからの印刷は
lpと lips3とを選ぶと印刷できました。

しかし、smb.confのhost allowをしても、redhat6.0の/etc/hostsにNTマシンを
入れても、NTにTCP/IP印刷を追加しても、NTから(redhat6.0 with LIPS3pinter)
への印刷はできておりません。
皆様の情報をお待ち申しております。


> あわてて英語版redhat5.2を6.0にupgradeしたら、
> vineから「redhat6.0にlocalにつなげたprinter」に印刷できなくなりまし
た。
> 今までは
> NT ------>(redhat5.2 with LIPS3pinter)
> vine------>(redhat5.2 with LIPS3pinter)
> という風に
> NTからも vineからも redhat5.2(英語版)にlocalにつなげたprinterへ印刷で
き
> てましたが、
> vine------>(redhat6.0 with LIPS3pinter)も
> NT ------>(redhat6.0 with LIPS3pinter)も
> 駄目になりました。
> ----------------------
> 従来のredhat5.2 での設定は以下の通りでした
> ----------------------
> vine1.0B1(192.168.0.208)
>       ------>local printeのついたredhat5.2(192.168.0.108)
> として、
>
> vine1.0B1のcontrol pannel------>
>     Edit Remote Unix(lpd)Querue Entryで
>     Names を       lp0
>     Remote Hostを   192.168.0.108
>     Remote Querueを  lp
>     Filterを          LIPS3
>     に選び、
>
> それから redhat5.2でrootで
>     vi /etc/hosts.lpd でその内容を
>     192.168.0.208
>     とします。
> これで、図でも日本語でもvine1.0B1から印刷できるようになってました。

_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|
竹島@岡豊病院 (..)
メール: takesima@mail.netwave.or.jp
ホーム頁:http://www.netwave.or.jp/~takesima/

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: