[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:06607] Re:バックアップの方法



北山@同志社大です

>>> Tue, 8 Jun 1999 20:33:03 +0900 の刻に 「delegate」、すなわち
>>> delegate@mb.infoeddy.ne.jp("Toshio") 氏曰く

delegate> 全くシェルの知識がないのでわからないのですが・・・・・・どなたか親切な方よろしく
delegate> お願いします。
delegate> (cron.dailyをにShellをほりこんでおけばいいのでしょうか?・・・・・)

私共の研究室の環境では RedHat 付属の rhbackup-0.2-1.noarch.rpm 
を使ってます。

# といいながらNFSサーバーは RedHat 4.2+ PJEですけど。

中身はシェルスクリプトで Remote なマシンからも操作できそうです
(やったことないので)。お近くの RingServer の Redhat から持って
これます。

シェルの知識なんて必要なく少し設定ファイルをいじるくらいで、
「バックアップしたよ」「失敗してるよ」なんてメールしてくれます
ので大変便利で重宝してます。

以下設定ファイルの変更

   /etc/rhbackuptab 内の------------------------
	localhost   /home 
	ここで指定した ディレクトリ以下のバックアップを行います。 
	複数書けるかどうかわかりませんので調べて下さい。


    /etc/sysconfig/tape 内の------------------------ 
         DEV = /dev/nst0  
	 をお使いのデバイス名に変更して下さい

これぐらいだったと思いますが。ここまですめば、あとは cron にお任せです。

私のところは /etc/crontab を書き換えてます。(crontab -e じゃないです)

00 04 * * 6 root bin/mt -f /dev/nst0 datcompression 1
15 04 * * 6 root /usr/sbin/rhbackup --full
00 04 * * 0,1,2,3,4,5 root /bin/mt -f /dev/nst0 datcompression 1
15 04 * * 0,1,2,3,4,5 root /usr/sbin/rhbackup --incremental

「毎週土曜日夜中の4時から フル、のこりは 差分」

デバイス名は御自分の環境で設定してください。rhbackup の引数ですが
"--full" がフルバックアップで "--incremental" が差分です。バックアッ
プのログも /var/log/backup  にとってくれます(変更可能)。


# 毎日となると結構な量のログになりますので定期的にログを消すように
# しておく必要がありますね。やっぱ cron 。

rhbackup も結局は tar でバックアップなんで リストア はやっぱり tar 
です。


☆Kenji KITAYAMA
  ☆Applied Math Lab. 
    ☆ e-mail:kenji@gandalf.doshisha.ac.jp


  

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: References: