[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:06952] RE: NT4.0との同居について


Inoue(nerv)です。

>  NT4.0にVINE1.0βを同居させようとしていますが、LILOで
>  VINEの方はうまく起動してくれますが、NT4.0が起動途中で
>  ”ブルー画面”となって起動できません。
>  LILOでNTを選択すると、NT4.0のブート選択画面に入り、
>  その後ブルーの画面に移ってからエラー表示のブルー画面に
>  てハングします。(怖いですが、電源を切るしかない状況です)
>  同様の現象に遭遇されたかたがおられましたらアドバイスいただ
>  ければ幸いです。
>  現在はやむなく、LILOをやめてFDで起動しています。

詳しくはわかりませんが、LILOでのNTブートは、LILOに問題が
あるとか聞いたことがあります。
ブートローダーをロードするアドレスが0×9××××が問題だとか
だそうです。LILOバージョン21で改善されたとか・・・


で、 私はNT側のローダーを使用しています。
NT4.0
Vine1.1
RedHat6.0
の起動をすべてNTローダーから行っています。

やり方は、JFで書いてあったのを参考にして
以下、自分用に書き直したものですが、参考になれば。
____________________________________________________________________________
____________________________________
Liloは、インストールされてますかぁ?
rootディレクトリーにインストールされている場合は、以下の設定で
NTLoderからLinuxを起動できます。(MBRにインストールしないで!)


Linux 上での作業
まず root パーティションのブートセクタをファイルへ落とします。

Linux パーティションを /dev/sda1 とすると、dd コマンドはこのようになります。


       # dd if=/dev/sda1 of=/vine.lnx bs=512 count=1

   ※IDE環境では、hda1・hda2・hdb1・hdb2等です。

ブートセクタはちょうど1セクタ分(512バイト)なので、作られた
bootsect.lnx が512バイトよりも大きかった場合、何か間違いがあります。
NTFS パーティションへファイルをコピーするのに、いつも DOS フォーマットの
フロッピーを使用して行っているのでしたら、bootsect.lnx をフロッピーへ
コピーしてください。  フロッピーへのコピー方法はこのように行うか、

       # mcopy /vine.lnx a:

または以下のように行います。

       # mount -t msdos /dev/fd0 /mnt
       # cp /vine.lnx /mnt  # umount /mnt


Windows NT での作業
フロッピーから先程の bootsect.lnx をCドライブのルートへコピーしてください。
どのような方法でも構いませんが

    copy a:\vine.lnx c:\

が、簡単でしょう。(エクスプローラからでもOKです。)

Windows NT で、Linux でいう lilo.conf と同じ働きをするのが
c:\boot.ini です。
作業を始める前に以下のようにしてシステム/リードオンリーの属性を外して

    C:\attrib -s -r c:\boot.ini   


(エクスプローラーでプロパティからでもOK=読み取り専用チェック外し)

boot.ini をエディター(例えばメモ帳)で以下のように編集してください。

[boot loader]
timeout=30
default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINNT
[operating systems]
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINNT="Windows NT Workstation ...
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINNT="Windows NT Workstation ...
C:\VINE.LNX="Vine Linux"

この例で追加したのは最終行のみです。boot.ini をセーブした後は
このようにして属性を元に戻してください。

         C:\attrib +s +r c:\boot.ini


(エクスプローラーでプロパティからでもOK=読み取り専用チェック有り)

Windows NT をシャットダウンして再起動すると、以下のように  表示されるはずで
す。

OS Loader V4.00
オペレーティング システムの選択
Windows NT Workstation Version 4.0
Windows NT Workstation Version 4.0 [VGA mode]
Vine Linux

以上です。
注意点とヒントとして、
LILOをインストールする場所を、
Linux の root パーティションをブートデバイスとして指定する事です。
(要するにMBRにインストールしない事)

後は、Boot出来る起動用FD(boot.disk)があれば以上の設定は可能だと思います。

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
References: