[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:07723] Re: pLaTexの使用法について


三田です。

Satoru Miura wrote:
> 
> こんにちは、ムッシュ@ぶーたんと申します。Linuxは初心者です。
> 
>  きのう、VineLinux1.1CRを買ってきました。箱、なかなかいいデザインですね。
>  ところで、この製品版ヴァージョンに収録されているアプリケーションに"ASCII日
> 本語pTex"というのがありますが、これの具体的な使用方法を教えていただけません
> か。
>  或いは、どこの何を見ればそれがわかるでしょうか。

pLaTeX とは、ASCII で作られた日本語 LaTeX です。

で、pLaTeX の本は世の中にいっぱいあります。
すでに参考書が何冊も紹介されていますし、良い機会ですから
本屋で何冊か立ち読みしてみるのも良いと思います。

>  文書作成をする上での一連の操作、すなわち、
> [起動]-[文書作成]-[保存]-[印刷]-[終了]という、ごく一般的な動作です。

おおざっぱに言うと、pLaTeX で上記の流れを実現するには

1: 原稿ファイルの作成
   書きたい文章に pLaTeX の命令を混ぜることによって原稿を処理します。
   原稿ファイルは、*.tex という名前にします。このファイルはテキスト
   形式です。

2: 原稿ファイルを TeX で処理
   platex コマンドで *.tex ファイルの処理 (コンパイルのようなこと)を
   します。すると、DVI (DeVice Independent) という形式のバイナリファイル
   が生成されます。この時点で、xdvi というコマンドでプレビューができま
す。

3: DVI ファイルを PS ファイルに変換する
   DVI ファイルはデバイス非依存ファイルなので、これを PS (PostScript)
   に変換することによって印刷可能にします。具体的には、dvips を使って
   変換を行います。

4: Ghostscript を使って印刷する
   もしお手元に PostScript プリンタがあれば 3 の段階で印刷可能ですが、
   普通は家庭にそのような高価なものはありませんので、まず PS ファイルを
   Ghostscript を使ってプレビューし、Ghostscipt のプリンタドライバを
   使って、PS ファイルを印刷します。

以上のような感じになります。

私もここ1年くらいワープロには触ったことはなく、すべて pLaTeX で文章を
作成しています。今朝も講義のレポートを pLaTeX (on 研究室の Vine 1.1CR)
で書いたばっかりです。

# 一度使いなれるとはまりますので、是非挑戦してください(^-^)!!
# (とは言っても、私はかなりの初心者です…。)

> Tgifというアプリケーションを起動すると、LATEXというのがツールバー(で、
> よいんでしょうか?)にあるようなのですが、これが関係ありますか。

LaTeX で文章内に図を張り付けるためには、EPS (Encapsulated PostScript) と
いう
フォーマットを用いますが、Tgif には EPS 形式で図表を出力する機能がありま
す。
Tgif では、図表出力時のフォーマットが EPS であることを表すために、ツール
バー
に LaTeX という表示が出ます。

# pLaTeX で文章を書くなら、Tgif で図を書くと便利ですよ。

-- 
 _/ Name: 三田  英之 (Hideyuki Mita) _/
_/ Mail: mita@miv.t.u-tokyo.ac.jp   _/

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
References: