[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:08285] Re: [FYI] Vine-1.1CR on ThinkPad535E


ひらた@マクサスです。

<19990630195932F.wing@flatout.org> の、
   "[vine-users:08222] Re: [FYI] Vine-1.1CR on ThinkPad535E" において、
   "Hideya Hane <wing@flatout.org>"さんは書きました:

> >>   このスクリプトだけが動かないのなら、今回のような対応でいいと思
> >> いますが、他に daemon が参照する形式のスクリプトで locale が問題
> >> になるものって、ないのでしょうか?
> 
>   locale ではないのでは? locale と日本語カタログは
> 話がまた違うのでは?

  あ、そうか。勘違いしてました。

> >> # たとえあったとしても、それは Project Vine 側で個別に対処すると
> >> # いうことなら、納得いたしますが。
> 
> # 何故そこまでやらなくてはいけないのでしょう?

  これは標準的に採用されている daemon 系スクリプトでの話です。何
でも開発者側に押し付けるつもりは毛頭ありません。

  自分で作成したスクリプトの面倒は自分で見るべきっつーのは重々承
知しております。

> >>   私が挿入したというより、
> >> /usr/src/linux/pcmcia-cs-3.0.9/etc/network.srcorg そのものです。
> >> つまり、通常の pcmcia-cs パッケージに含まれる network スクリプト
> >> を etc/pcmcia/network として、Vine 標準のものと入れ替えたわけで
> >> す。
> 
>   ですから、その時点で無効ですよね。Vine Linux 用
> にチューニングしたものと変更したのだから、そこから
> 先は、自己責任になります。

  ごもっともです。ただ、Vine で用意されている PC Card NIC 用のス
クリプトは使いにくい(というか、実用に耐えない?)感があります。こ
の辺りを改善される予定、あるいはもっとスマートな運用方法というの
はあるのでしょうか?


> >>   パッケージオリジナルなスクリプトなので、LANG=C で動作すること
> >> が想定されています
> 
>   それはそれで間抜けなんですけどね。

  あ、確かにいわれてみればそうですね。

> >> # ユーザーがユーザー用に勝手に作ったスクリプトなら、自前で対処す
> >> # るのは当たり前のことですけれどね。
> 
>   今回は Vine オリジナルからユーザサイドで変更され
> たものですから、そこまで面倒見れないでしょう。

  まあ、そうなんですけどね。ただ、ノート PC でネットワークにつな
ぐ場合、Vine であらかじめ用意されたものでは機能が足りないと思う
のですが、その点はいかがお考えでしょうか。

> >>   日本語カタログが問題というわけではないです。見慣れないので奇妙
> >> ではありますが、日本語で表示されるのは非常に便利ですからね。
> 
>   え? 日本語カタログのせいで、例の script が動かな
> いわけですよね?

  ifconfig は件の script で使っているだけではないですよね。まあ、
日本語で表示されなくても問題はないですが、なんとなくおもしろいか
ら変更しないというだけの話です。

# だって、件の script だって前述のパッチで十分つかえるわけですか
# ら。

> # なんか良くわからないけど、Vine Linux オリジナル
> # の状態以上は、あまり関知できないでしょう。

  了解しました。


--
Masaru Hirata
hirata@maxus.iiga.co.jp

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: References: