[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:010124] バンドル版Wnn6のライセン ス


先日、Wnn6のライセンスに関するオムロンソフトウェアからの見解として次の
ような主旨の書き込みがありました。
---
TurboLinux4JにバンドルされているWnn6は、同ディストリビューションとの組合
せで使う場合にのみ使用を許諾される。他のディストリビューション上でこれを
使うことはできない。
---
RedHatにインストールして使っていた私にとっては寝耳に水の話。これでは、私
のような使い方はイリーガルということになってしまいます。そもそも上記内容
を記した使用許諾契約書がTurboのパッケージのどこにも入ってないのに、後付
けでこの許諾条件を押し付けられるとしたら、ちょっと納得行かないものがあり
ます。

で、オムロンソフトウェアに改めて問い合わせてみたところ、同社内で行われた
その後の話し合いの結果として以下の回答が得られました。TL4Jバンドル版
Wnn6のライセンスについての見解(最新版)です。

・Turboのパッケージに上記内容の使用許諾書が入っていなかったのは同社のミ
スであり、この契約をユーザーに強いることはできない。

・したがって、パッケージに元々入っている許諾条件(1台のコンピュータでの使
用云々)に違反しない限り、他のディストリビューションで使用することも認め
るものとする。

参考までに、回答としていただいたメールの一部も引用しておきます。

---(以下引用/改行位置のみ修正)
TLJ4.0 のマニュアルには、

1-2 TurboLinux 日本語版 4.0 にバンドルされている商用ソフトウェア
ということで、「Wnn6 Ver.3 はフリーソフトウェアではありませんので、1台
のコンピュータのみにインストールすることができます」と記述されております。
この解釈で、「Wnn6 Ver.3 は1台のコンピュータにインストールして使用する
のであれば、他ディストリビューションでも使用可能です」と致します。

今後もこの解釈で行こうと思います。もし TLJ 以外にバンドルがなされても。
---(引用終り)

ということで、たいへん太っ腹な見解を示していただきました。これで、大手を
振って使い続けることができます。\(^o^)/ 寛大な解釈に変更してくださった
オムロンソフトウェアさんには、心から感謝の意を表したいと思います。

# ただ、だからといって「他ディストリビューションへのインストール方法」な
# どを同社サポートに問い合わせるのはどうかと思います、個人的には。

// Kimiyoshi Ueda
// gforce@mbox.co.jp
// scratchy2@flashmail.com - for PostPet only

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: