[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:010235] Re: HDDの認識について


こんばんわ、三田です。

Manabu Shimoyama wrote:
> 
> はじめまして、vine-linux導入を試みている超初心者です。
> 
> 現在 Gateway G7-500 に vine-linux のインストールを試みていますが
> HDD が認識されず上手くいきません。

私は研究室でこれと似たようなマシンに Vine 1.1CR を入れてうまく
行っています。大丈夫ですよ、安心してください(^0^)!!
(GP7-500 です)

まず、Promise Ultra66 は (Ultra DMA 66 による転送ができるかどうかは
知りませんが) Vine 標準のカーネル 2.0.36 でも HDD コントローラとして
認識できますので、大丈夫です。

まず出来ればで良いですが、一世代前の Promise Ultra33 について対処法が
書かれている JF の Ultra-DMA.euc もしくは Ultra-DMA.txt というファイルに
目を通してください。Ultra66 への対処法も、全く同じです。

# メールを送ることができるのですから、goo などでの検索もできますよね?
# Ultra-DMA とか Promise とかその辺のキーワードで当たってみてください。

もし見つからないのでしたら、DM で添付ファイルとして差し上げても良い
です。

で、かいつまんで言いますが、Promise の Ultra66 を HDD コントローラ
として認識させるには、カーネルに ide2=0x1440,0x1436 の様なパラメタを
与える必要があります。

どのようなパラメタを与える必要があるかはマシンによりますので、
ご自分で調べて頂くしかありません。また、Ultra66 を刺した PCI バス
スロットの場所によってもこのパラメタの値は変わりますので注意して
ください。

調べるには、まず Vine のブートディスク (boot.img を書き込んだ
フロッピーディスク) でブートし、fdisk でエラーが出る場面の寸前まで
行ったら「Alt + F2」を押します。すると、「bash#」というプロンプトが
出ていると思いますので、「cat /proc/pci」と実行します。ここでは
恐らくたくさんの表示が画面を流れていくと思いますが、なんとか途中で
「Control + s」を押して画面の流れをストップさせ、

RAID bus controller: Promise Technology Unknown device (rev 1).
             Vendor id=105a. Device id=4d33.
             Medium devsel.  IRQ 12.  Master Capable.  Latency=32.
             I/O at 0xe000.   (a)
             I/O at 0xd804.   (b)
             I/O at 0xd400.   (c)
             I/O at 0xd004.   (d)
             I/O at 0xc800.   (e)


の様な表示を探します。ただし、上の表示の (a) などというアルファ
ベットの部分は便宜上書いたもので、実際は出力されません。

ここで上の (a) と (b) の部分の値を使って、「ide2=a,b+2」という
オプションをカーネルに与えると、うまく Ultra66 を HDD コントローラ
として認識できます。

# つまり、上の例では「ide2=0xe000,0xd806」となります。

実際にパラメタをカーネルに与えるには、もう一度 Vine のブート
ディスクでブートして、最初に出てくる「boot:」というプロンプトで
「linux ide2=0xe000,0xd806」と入れれば良いわけです(上の例の場合です)。

# これで、うまくハードディスクを認識できると思いますよ。

-- 
 _/ 三田 英之 (Hideyuki Mita)       _/
_/ E-Mail: cg3h-mt@asahi-net.or.jp _/

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: References: