[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:010497] Re: winからの定期的なダウンロード


大里@横浜市青葉区です。

>From : FUJIOKA Takeyuki <fujioka@isl.educ.fukushima-u.ac.jp>
Subject : [vine-users:010474] Re: win からの定期的なダウンロード
Date : Tue, 03 Aug 1999 07:23:47 +0900
Message-ID : <19990803072347X.fujioka@isl.educ.fukushima-u.ac.jp>

>
>> ファイルシェアよりも、ftpの方が日常的な管理は楽だと思うので。
>
>ひとつのでかいファイルをバックアップするんでしたらば
>それでいいと思うんですけれども、私の場合、細かいファイルが
>6000個とかですので、ファイルの一つごとに認証をしていたら...
>ということになってしまいます。たしかにftpの方が
>管理は楽なのでそうしたかったんですけれども。

  ということならば、なおさらSAMBAは効率が悪いです。最近はずいぶ
ん性能が向上してきたとはいえ、SAMBAの弱点の一つがこういった小容
量・多数のファイルを作るときですから。数1000個の小さなファイルの
場合、SAMBAで書き込むよりもftpのmget/mputの方が経験的には速いよ
うな気がしています。
  Win32版のGNU tarがどこかにあるはずなので(私の使っているのは、
以前Super ASCIIの付録CDに収録されていたもの)tarボールに固めてか
らlinuxに投げるのが堅実な方法かなと思います。lhaでもいいですけど、
小容量・多数の場合はtar.gzの方がかなり小さくなります。

  どうしてもバラの生ファイルのままSAMBAで、という場合、i-nodeを
使いきったときの挙動がどうなるかは十分テストしておくべきです。
  要するに、Windows側のxcopyなどのプロセスでSAMBAドライブに多量
のファイルを書き込んでいる途中で、linux側のi-nodeが足りなくなっ
たときWindowsにはどういうエラーが返るか、プロセスを中断したとき
書き込まれたファイルがどこまで保証されているか、といった辺りの
検証です。これで失敗すると恐いです。

-- 
(*- kazz@kk.iij4u.or.jp --------*
 *--- 大里和朗 @ 横浜市青葉区 -*)

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: References: