[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:010534] Re:SUNに対するNISクライアントの設定


こんばんは、土屋@愛媛県松山市です。

From: Yukio Suzuki <suzuki@astro1.yy.kagu.sut.ac.jp>
Subject: [vine-users:010531] SUNに対するNISクライアントの設定

> ここまでの設定を行なえば大体の所は大丈夫な筈ですが、実はまだ私も解決していない問題があります。
> このままですと、サーバーのアカウントを使ってloginしようとしてもうまくできないのです。
> それでは全く意味が無いのですが、外からのtelnetなどは出来ます。
> このtelnetにおいて、自分のhomeディレクトリが/homeの下にないと怒られ、/にはいってしまうことから、
> マウントポイントが/home2としているのがまずいようだとはわかっています。
> 後は、この/home2の下に無事にマウントしてくれるようにうまく設定できればいいだけなのですが。
> ここの所は、まだ勉強中です。

私の職場でも、Solaris 上で NFS、NIS、DNS 等のサーバを運用し、
Vine 1.1CR をデスクトップクライアントとして使っています。
手順としては、

(1) NFS サーバ上でホームディレクトリを Vine に対して export する。
(2) Vine 上で ypbind を起動。

> '/etc/sysconfig/network' において、NISのDOMAINネームを書き込みます。
> 
> 	NISDOMAIN = HOGEHOGE
(略)
> 次に、'/etc/host.conf' において、以下のように 'nis' を書き加えます。
> 
> 	order hosts,nis,bind
		    ~~~	
これは、私のところでは必要ありませんでした。

> '/etc/rc.d/rc?.d' において、もし 'ypbind' が呼ばれていないならば、シンボリックリンクを張ります。
(略)

chkconfig コマンドを使えば、もっと簡単にできます。
man chkconfig をごらんください。chkconfig のことは、
このメーリングリストで教えてもらいました(多謝!)。

> '/etc/hosts' には、サーバーのIPアドレスを加えておきます。
(以下略)

(3) autofs をインストールし、/etc/auto.master を編集した後
    automount デーモンを起動する。

以下は、私の Vine の /etc/auto.master です。

	/misc   /etc/auto.misc  --timeout 60
	/home   yp      auto.home

「% ypcat -k auto.home | grep tsuchiya」は次のようになってます。

	tsuchiya <NFS server>:/export/home/tsuchiya

ここまでくれば、Vine に NIS で登録してあるアカウント名で
ログインでき、しかもログインしたさい自動的に NFS サーバ上の
ホームディレクトリが /home 以下にマウントされます。

なにかの参考になれば幸です。

----------------------------------
土屋卓也 (Takuya TSUCHIYA)
  tsuchiya@math.sci.ehime-u.ac.jp 
----------------------------------

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: References: