[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:010557] Re: SUNに対するNISクライアントの設定



かわべです.

At Wed, 04 Aug 1999 00:55:15 +0900,
Takuya TSUCHIYA wrote:

> > あとは各ユーザが Solaris からでも Vine からでも
> > 正しく起動させるために ~/.Xclients, ~/.xsession, ~/.bashrc,
> > ~/.cshrc なんかを設定してやれば完璧ですね.
> > 
> > # うちんとこにはあと IRIX と HP-UX もいるので大変....
> > # uname -s とかで switch させればいいだけですが.
> 
> 個人的には、この部分で結構苦労しました。
> 結局、各マシンごとにホストネームだけを書いた /etc/myname と
> いうファイルをつくり、
> 
> 	set host = `cat /etc/myname`
> 
> として、$host でスイッチさせています。何かドンクサイので
> もっとスマートな方法があれば教えていただきたいのですが.....

uname -s などで OS を引っ張った後,スケルトンファイルを
source してしまうってのは どうでしょう.

スケルトンファイルは NIS マスター&スレーブの
/export/home/setup 配下にいれておいて,NIS で
-ro nis1,nis2:/export/home/setup
でばらまく.

これだと,NIS が落ちたとき以外は大丈夫です.
ここで multi server patch が必要になるのだけど.

# NIS が落ちたときは,スケルトンファイルの source うんぬんより 
   もともと login 出来ない状態だから,
--
Powered by Vine 1.1 (Rheingau), Kernel 2.2.10 on an i686, VinePlus 0.1.1
私からのメールまたは私へのメールは日本国によって盗聴される可能性があります.

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: References: