[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:020356] [ANN] 3/28 第1回JLA関西セミナー


よしだ@ProjectBLUEでございます。
#Linuxに関連のあるセミナーということで、本MLに投稿させていただいておりますが、
#MLポリシー上、このような投稿が本MLに不適切な場合は御指摘いただければ幸いです。

ハイアベイラビリティLinuxを考えるとき、これまでLinuxではジャーナリング
ファイルシステムの実装がなかったのが弱点でしたが、最近になって数多くの
実装が発表されてきました。
今回のセミナーでは、その動向などをIBM様にご紹介いただきます。
ご興味のある方は是非ご参加ください。

--------------------------------------------------------------------

         第一回 関西Linuxビジネス&テクノロジーセミナー開催のお知らせ

〜 先着50名様 優先入場予約開始! 〜

--------------------------------------------------------------------
                                                        2000年3月21日
Linuxユーザ各位ならびに関心を持っておられる方々

   皆様におかれましては、日本Linux協会への日頃のご支援・ご指導を心より感
謝しております。
   さて、東京中心で行われてきた日本Linux協会主催セミナーを関西でも実施す
ることになりました。最近、関西においてもLinuxのサーバソリューションのニー
ズが予想外の速度で高まっています。SOHOのみならず、大企業においても威力を発
揮していく中、これまで主に使用されてきたLinuxのファイルシステムext2の限界、
例えばそのクラッシュ時の冗長性などが問題になっています。

   それで、冗長性を高め、さらに他の弱点を補う「ジャーナリング」機能をもつ
ext3, ReiserFS, JFS, XFS などのファイルシステムに関する最新技術動向や実
装状況などをお話いただきます。

   また今回は、ご協力いただいている日本アイ・ビー・エム株式会社より、Linux
サポートに従事しておられ、JFSのエキスパートでもあられる秋田氏をお招きし、
詳しいお話をお聞かせいただきます。

   一部、デモンストレーション、フリーディスカッションも計画されております。
お誘いあわせの上、ぜひご来場ください。

--------------------------------------------------------------------
0.タイトル「 Linuxテクニカル&ビジネスセミナー
                 これからの Linuxサーバテクノロジ
〜 ジャーナルファイルシステムとは」

         主催:日本Linux協会 http://jla.linux.or.jp/
         共催:日本アイ・ビー・エム株式会社
西日本支社 ソリューションマーケティング
ビジネスパートナー・サポートセンター(BPSC)
                   http://pcsolution.ibm.co.jp/SolMall/index.asp
Linuxサポートセンター(LSC)
                   http://www.ibm.co.jp/linux/lsc/index.html
         協力:Project BLUE http://www.blue.gr.jp/


1.日時・場所
         2000/3/28 火曜日
         13:30 開場(受付開始)
         14:00 開演 (〜17:00 予定)

         IBM PC NTソリューションモール 2F セミナールーム(定員70名)
         URL http://pcsolution.ibm.co.jp/SolMall/doc/local/osaka/


2.プログラム
         -------------------------------------------------------------
         14:00- Overture
                         チェア:日本Linux協会運営委員
                                岡田 良太郎 <riotaro@linux.or.jp>

         14:20- 「ファイルシステム戦国時代
               〜ジャーナリングが握る次期主力ファイルシステムへの鍵〜 」

                       講師:  日本Linux協会運営委員
                         Linux Japan Express編集長
                         http://www.linuxjapan.com/ljexpress/

                                Oliver M. Bolzer <oliver@gol.com>

                 ・実機によるデモンストレーション(予定)

         (休憩)

         15:30- 「IBMのLinuxサポート
                 〜 ジャーナリングファイルシステム JFS について(仮題)」

                       講師:  日本アイ・ビー・エム
                         Linux サポートセンター
                         http://www.ibm.co.jp/linux/lsc/index.html

                                秋田 英行 <hakita@jp.ibm.com>

         16:30-17:00 フリーディスカッション・インタビュー
                                                            (敬称略)
         -------------------------------------------------------------

3.お申し込み

         <先着50名まで>、事前予約を受け付けます。

   お申し込みを受理次第、折り返し整理番号を含むメールを差し上げます
         ので、当日そのメールのコピーをご持参ください。

         以下の部分にご記入いただき、sec@linux.or.jp までメールでお送りくだ
         さい。(お間違えのないようお願いいたします。)

  mailto:sec@linux.or.jp?Subject=[JLA]Kansai_1st_Seminar
         --------------------以下本文キリトリ--------------------------
          3/28 第一回関西「 Linuxビジネス&テクノロジーセミナー」参加希望
            お名前 :

          お勤め先 :

            E-mail :
            (受講なさるご本人に確実にご連絡できるアドレスをお書きください)

          JLA会員No:
            (会員の方は必ずお書き添えください)
         -------------------------キリトリ-----------------------------

※ なお、ご予約なしに当日お越しになった場合、会場の都合で立ち見席、
    あるいはご入場になれない場合もあります。どうぞご了承ください。


4.受講料

  受講料は当日、受付にてお支払いください。

         一般参加(非会員) お一人2,500円
         一般参加(非会員学生) お一人1,500円

  JLA個人・法人・賛助会員 お一人1,000円
    JLA学生会員 お一人   無料

※ 初回につき特別料金となっております。
※ 会員の方は当日、会員証を必ずご持参ください。
※ 法人会員の方は社員証かお名刺をご提示ください。
※ 学生の方は、当日学生証をご提示ください。

        <JLA会員特典について>

           この度は<来年度の会員も>会員価格で受講いただけます。
         また、法人会員にお申し込みになりますと、社員全員が会員価格で
セミナーを受講できます。今後のセミナーや、LC2000秋(京都)な
         どもありますので以下のページをご覧になり、この機会にどうぞご
         入会ください。

         JLA入会WEBページ
             http://jla.linux.or.jp/members.html

5.懇親会
         このたび、受講者の皆様との懇親会は企画しておりません。
特に希望なさる方は riotaro@linux.or.jp までご相談ください。

-------------------------------------------------------------------
※ 本件に関するご意見、ご提案、お問い合わせなどは日本Linux協会事務局
  <sec@linux.or.jp> あるいは 本件担当 岡田<riotaro@linux.or.jp>まで
  お願いいたします。

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」