[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:020358] Re: SolarisからNFSマウント不能


Yasutaka Okuda wrote:
> 
> 奥田@シグマです
> フォロー有り難うございます

いえいえとんでもありません。むしろ役立たずのレスですみませんです。

> 今やってみましたがだめでした。
> それと、現象報告に誤りがありましたので訂正いたします。
> 
> > /etc/exports             に追記
> > /data    xxx.xxx.xxx.xxx(rw,insecure,no_root_squash,no_all_squash)
> > /etc/hosts.allow         に追記
> > ALL    :    xxx.xxx.xxx.xxx
> > /etc/hosts.deny         に追記
> > ALL    :    ALL
> >
> > リブート後
> > showmount -e                         とすると
> > Export list for サーバー名:
> > /data    xxx.xxx.xxx.xxx
> > となります
> 
> 以下のポート番号が間違っていましたので修正しました
> > rpcinfo -p   としてみると  
> > program    vers    proto    port
>  100000        2        tcp    111    rpcbind
>  100000        2        udp    111    rpcbind
>  100005        1        udp    635    mountd
>  100005        2        udp    635    mountd
>  100005        1        tcp    635    mountd
>  100005        2        tcp    635    mountd
>  100003        2        udp    2049  nfs
>  100003        2        tcp    2049   nfs
>  となります
> 
> >  これでよいと思いSolaris側よりrootで
> > mount xxx.xxx.xxx.xxx:/data /linux
> > としても「アクセスが拒否されました」となりマウントできません。
> 
> ソラリス側のテープにバックアップしてあるので書き戻せないんです。
> 再度よろしくお願いいたします。
> 
> *******************************
>    シグマ

ちなみに私のマシンの結果を載せてみます。御参考までに。

/applpub *.webproxy.or.jp(rw,no_root_squash)
/work *.webproxy.or.jp(rw,no_root_squash)
/pubnfs *.webproxy.or.jp(rw,no_root_squash)

#/etc/exportsの内容です。

上記マシンにて、showmount -e を実行すると

[root@fpsv /root]# showmount -e
Export list for fpsv.webproxy.or.jp:
/work    *.webproxy.or.jp
/pubnfs  *.webproxy.or.jp
/applpub *.webproxy.or.jp

となります。/etc/exportsは、linuxconfにて作成した後、エディターにて修正
しました。
あと、/etc/hosts.allowと/etc/hosts.denyには何も記述してありません。
ここらへんが違うところでしょうか。あと、肝心なことを書き忘れてました。
私のところでは、クライアント、サーバーともVineSeed-2000-02-03版を使って
います。


 rpcinfo -p
   プログラム番号  バージョン番号 プロトコル ポート
    100000    2   tcp    111  portmapper
    100000    2   udp    111  portmapper
    100021    1   udp   1024  nlockmgr
    100021    3   udp   1024  nlockmgr
    100021    1   tcp   1024  nlockmgr
    100021    3   tcp   1024  nlockmgr
    100024    1   udp    940  status
    100024    1   tcp    942  status
    100011    1   udp    665  rquotad
    100011    2   udp    665  rquotad
    100005    1   udp    676  mountd
    100005    1   tcp    678  mountd
    100005    2   udp    681  mountd
    100005    2   tcp    683  mountd
    100003    2   udp   2049  nfs

#私のところは、余分なディーモンを動かしているので、若干違いますが、ほぼ
同じと思います。

あと、サーバーマシンを再インストールしているとのことですが、/dataのオー
ナー
とか、パーミッションとかも関係して来るかとも思いますです。ちなみに単にロ
ーカル
ドライブとしてマウントしようとしてるんですよね?。disklessブートさせよう
とし
てるんではないですよね。もしそうならごめんなさい。私には分かりませんです
...。
いつかはやってみたいんですが、暇と度胸とスキルが無くって(^^;;

#参考になればの良いのですが、exportsしているマシンのパーミッション等で
す。

[root@fpsv /]# ls -l
合計 114
drwxrwxrwx  34 root     root         1024 Mar 20 22:05 applpub/
drwxrwxrwx  12 nobody   nobody       3072 Mar 10 00:04 pubnfs/
drwxrwxrwx  23 nobody   nobody       2048 Jan 20 23:01 work/
他、省略...

#後もう一台のマシンのです。

[root@gate /]# ls -l
合計 108
drwxrw-rw-   9 root     root         4096 Mar  4 01:12 nfspub/
やはり、他、省略...


> ソラリス側のテープにバックアップしてあるので書き戻せないんです。
> 再度よろしくお願いいたします。

これって、HDDが壊れる前のサーバーのバックアップってことですよね...。
あとは、jman nfs, jman exports, jman 8 mount とかですけど
もうお読みになっていたらごめんなさい。

mo586it@da2.so-net.ne.jp  大石正夫

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
References: