[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:020454] Re: スクリプトの実行方法


こんにちは、三田です。

既にアドバイスが付いていますが・・・

n.Adachi wrote:
> 
> 早速やってみました。
> 1../test と実行したところ
> bash : ./test: Parmission Denied
> と表示されてしまいました。

これは、"./test" というファイルに実行許可が無いことが
問題ですね。実行許可を与えるには、

> 2.chmod u+x test
> を実行したところ ./test でうまく実行できました。

ということで、"chmod" コマンドを使えば良いわけです。

> いちいち作成したファイルをchmod u+x で変更させる必要は
> あるのでしょうか?

emacs でシェルスクリプトを新規作成すると、自動的に実行許可を
与えてくれます。しかし、Linux で新規作成されるファイルは、
通常は実行許可が与えられないようです。

例えば、

% emacs sample.sh

とやって、ファイルを編集して保存すると、このファイル
"sample.sh" には実行許可が与えられています。

% ls -l sample.sh

してみてください。

ですが、セキュリティ上の観点からは、作成されるファイルに
デフォルトで実行属性が付いてしまうのは危険な気がしますし、
だからこそ Linux ではそうなっていないのだと (私は) 思います。

コンパイラが吐き出す実行ファイルは自動的に実行許可が
与えられていますが、これはコンパイラが自動的に実行許可を
与えてくれているのではないかと思われます。

# ご参考までに。

-- 
 _/ "Hideyuki MITA" <hideyuki@cyber.email.ne.jp> _/
_/ http://www.miv.t.u-tokyo.ac.jp/~mita/        _/

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
References: