[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:030194] Re:LILOでWindows, BeOS5とのマルチブートを実現したい


中村@埼玉蕨市です。


"O.Shimizu" <tamtam@diana.dti.ne.jp> wrote:

> つい先日、BeOS 5.0 Pro Editionを購入し、現在Vine Linux 2.1 (Linux
>  Japan 2001年1月号に収録)とWindowsのマルチブートの環境にBeOSの導入を試
> みました。BeOSのインストールまではスムーズに完了し、起動フロッピーからの
> BeOSおよび、LILOからのLinux, Winはともに正常に起動、使用することができ
> るようになりました。なお、liloはMBRに導入してあります。
> 
> ここで問題になったのが、BeOSのカーネル(zbeos)を/bootディレクトリにコピー
> し、lilo.confにBeOSの記述を加え、下記のように書き換えて
> # /sbin/lilo
> としたところ、
> Add linux *
> Add win
> Fatal: Kernel /boot/zbeos is too big
> というメッセージが出て、BeOSの起動をliloにて行うことができませんでした。
> /boot/ディレクトリにコピーしたzbeosは1474560バイトあります。

メッセージをそのまま解釈すると Linux kernel と同じで Be OS
のカーネルを圧縮できないのなら、lilo ではもう無理ではない
ですか? また、圧縮できたとしても、lilo がそれを正しく伸長
できるかという問題も残ると思います。

したがって、無難な方法としては grub とか、システムコマンダー
などのブートローダに変更した方がいいように思います。もっと
も、grub でもうまくいくかはテスト環境も何もないのでトライし
てみてくださいとしか言えませんが(^^;


----
中村  幸治 <hawks@da2.so-net.ne.jp>

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
References: