[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:030229] Re: printtoolの設定について


On Fri, Jan 05, 2001 at 03:54:59AM +0900,
Koji Nakamura <hawks@da2.so-net.ne.jp> wrote:
> >   非常にありがたいです。私のところでも直りました。
> > Vine2.1 でもこの問題は実害の大きな部類だと思うので、
> > (みんな PS プリンタ使ってて関係ない?)
> > ぜひ、更新/障害情報で修正パッケージを公開していただきたいです。
> > 
> >   などと、他力本願なことばかり言わずに、
> > 差分を当てて勝手にパッケージングしなおしました。
> > 手でパッチを当てるのが面倒な方は、以下からどうぞ。
> > http://www.nn.iij4u.or.jp/~tutimura/vine21/
> 
> 
> せっかく公開して頂いたのに言い辛いのですが、Vine Seed の
> 方にパッチをあてた lpr-0.50-7vl2.i386.rpm がすでにありま
> す。Vine 2.x の方にはまだ反映されてないようですが。

lpr-0.50-7vl2 の方は source するだけで export はしません。そのため、
こちらでは相変わらず再起動が必要となるようです。

あれから思ったのですが、

	/etc/sysconfig/i18n の全ての行が

		[name]=[value]

	という書式であるという保証はない

と思ったので、ちょっと修正してみたのですが如何でしょう?
環境変数 LANG を export すれば充分なようなので、そのように変更しています。

…というか、あらゆる /etc/rc.d/init.d/* は locale が無効なまま起動され
ているようですね。initscripts や SysVinit の仕組みが分かっていないので、
ひょっとしたら美しくないかも。IBM DB2 対応な PHP4 では『コードページが
違う』と怒られるので、同様の修正を /etc/rc.d/init.d/httpd にしておくと
楽ですし…。

くどいかもしれませんが、環境変数 LANG が文字化けするか否かの決め手にな
ることを発見したのは私ではありません。VineSeed の ML では、具体的な名
前は示されていませんでしたが、どなたかが Vine@vinelinux.org にその旨を
報告されたという話がありました。
-- 
大森保英 / かずさのすけ。
http://www.geocities.com/SiliconValley/Program/1018/linux/
--- lpd.init.org	Fri Jan  5 11:48:26 2001
+++ lpd.init	Fri Jan  5 11:56:20 2001
@@ -15,6 +15,12 @@
 # Source networking configuration.
 . /etc/sysconfig/network
 
+# Source i18n for Vine
+[ -f /etc/sysconfig/i18n ] && . /etc/sysconfig/i18n
+[ "$LANG" != "" ] && export LANG
+#[ "$LANGUAGE" != "" ] && export LANGUAGE
+#[ "$LC_ALL" != "" ] && export LC_ALL
+
 # Check that networking is up.
 [ ${NETWORKING} = "no" ] && exit 0
 

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: References: