[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:030407] [半角/全角]+[Alt]キーはL inuxでは?


 KMです。
お世話様です。

vineLinux2.0を使用しています。
emacsで日本語入力にはcanna(組込み)を使用しています。
\C-\
で
英語入力⇔日本語(かな)入力
の切り替えを行なっていますが
(~/.cannaに
;setq romkana-table "default.cbp"
setq romkana-table "kana.cbp"
を書いた)

Windowsと同じように[半角/全角]+[Alt]キー
でも英語⇔日本語の切り替えが出来るようにしたいのです。

その為に
$ xev
で
[半角/全角]キーは
KeyRelease event, serial 21, synthetic NO, window 0x1000001,
root 0x24, subw 0x0, time 328016387, (-45,300), root:(75,380),
state 0x0, keycode 49 (keysym 0xff2a, Zenkaku_Hankaku), same_screen YES,
XLookupString gives 0 characters: ""

[Alt]キーは
KeyRelease event,serial 24,synthetic NO,window 0x3400001,
root 0x26,subw 0x0,time 828187255,(118,70),root:(515,585),
state 0x8,keycode 64 (keysym 0xffe9,Alt_L),same_screen YES,
XLookupString gives0 characters: "

となりましたので
~/.emacs
に
(global-set-key \Alt_L-[Zenkaku_Hankaku] 'canna-toggle-japanese-mode)
や
(global-set-key \M-[Zenkaku_Hankaku] 'canna-toggle-japanese-mode)
や
(global-set-key "\064-\049" 'canna-toggle-japanese-mode)
や
(global-set-key "\64-\Zenkaku_Hankaku" 'canna-toggle-japanese-mode)
や
(global-set-key "\M-\Zenkaku_Hankaku" 'canna-toggle-japanese-mode)
や
(global-set-key \M-\Zenkaku_Hankaku 'canna-toggle-japanese-mode)
と色々と記述してみましたが
[半角/全角]+[Alt]キー
を押してもbeep音が出るだけです。

また、
/usr/X11R6/lib/X11/xkb/keycodes/xfree86
の中にjp106という項目に
<HZTG> = 49; // Hankaku_Zenkaku toggle
という風に49番は<HZTG>で定義されています。
また
/usr/X11R6/lib/X11/xkb/symbols/jp
の中で、
key <HZTG> { [ Zenkaku_Hankaku,Kanji] };
というぐあいに<HZTG>はZenkaku_Hankakuに定義されています。

 $ grep toggle .emacs.el
 (global-set-key "\C-\\" 'toggle-egg-mode)
 (autoload 'toggle-egg-mode "egg" "Initialize EGG." t)
 (global-set-key "\C-\\" 'canna-toggle-japanese-mode)
となりましたので、この部分の"\C-\\"を"\M-[Zenkaku_Hankaku]"に
 変更してみましたらなんと
\C-\\ではローマ字入力になってしまいました。
[Alt]+[半角/全角]では相変わらずbeep音が出ます。

一体どうすれば
英語入力⇔日本語(かな)入力
の切り替えを[半角/全角]+[Alt]キーにも割当てる事が出来るのでしょうか?


__________________________
kmkm73@hotmail.com
__________________________

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: