[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:030456] Re:Re:MOLの互換性について


花井@京都です。

From: Toshiaki Endo <toshi@generation.ne.jp>
> > あくまでも、MOL は Linux 上で動きますから、ハードへのアク
> > セスは Linux (カーネルドライバー)を通してになります。
> > ATM などは無理と思います。あくまでも X のフォントを通して
> > ということになると思います。
> 
> ふむふむ、了解しました!
> でも、ATMってMacOS上でのTTフォント管理ツールで、
> TTフォント自信は、全くハードウェアにアクセスしませんよね、、、

でも、ATM は単なる管理ツールというよりはドライバー的な性格があるの
ではないですか? Photoshop に同梱されている Adobe の Adobe Type on 
Call package 中の ATM の説明を見てみますと、ATM は postscript font 
に含まれる screen 用の bit map font を screen 上で outline 
font のような滑らかな font 表示に変換するための rasterizer と書か
れてます。これだと、全然管理ツールではなくて、ある種のドライバーで
すよね。それと、同じところに、ATM は TT fonts には何もしないと書か
れてます。

> MOL上でTTフォントがダメって事になると、MacOSにインストール
> されている、多くのフォントがTTフォントですから、厳しいです。

よく知らないし、今、事情があって、MOL が動かないので、ちょっと
確認できませんが、MacOS にインストールされている TT fonts は
問題なく使えるのではなかったかと思います。

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: References: