[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:030461] Re: HDDの接続変更は?(カーネルパニック)


佐野です。


> 今回、IWILLのSIDE PRO66というUDMA66Cardを増やし、Vine2.1にアップグレ
> ードしました。
> 現在、自作マシンの構成がWIN98MEとVine2.1のデュアルブートになっています。
> ディスク構成が下記の様になっているのですが、
> Pri マスター HDD UDMA33 8.4G WIN98ME
> Pri スレーブ CD-ROM
> Sec マスター HDD UDMA66 8.4G Vine2.1
> *LiloはWIN98のMBRにインストールしてあります。

上記構成をそのままUDMA66カードに反映させた所、起動時に"linux pci=reverse"と
し立ち上げると
hdaがhde、hdbがhdf、hdcがhdgと認識しますが、下記メッセージでカーネルパニック
になり起動できません。

partition check:
hde:[PTBL][1027/255/63] hde1
hdg:hdg1 hdg2<hdg5 hdg6>
autodetecting RAID arrays
autorun,,,     ,,,,autorun DONE
request_module[block-major-22]:Root fs not mounted
VFS:cannot open root device 16:05
kernel panic:VFS:Unable to mount root fs on 16:05

このカードは増設しVine2.1にアップグレードしただけの状態です。

/var/log/messegesを見ると

HPT366:IDE controller on PCI bus 00 dev 50
HPT366:chipset revision 1
HPT366:not 100% native mode:will probe irqs lataer
           ide2:BM-DMA at 0xb400-0xb407,BIOS setting:hde:pio,hdf:pio
HPT366:IDE controller on PCI bus 00 dev 50
HPT366:chipset revision 1
HPT366:not 100% native mode:will probe irqs lataer
           ide3:BM-DMA at 0xc000-0xc007,BIOS setting:hde:pio,hdf:pio

と出ていますので認識はしていると思います。

また参考になるか判りませんが、プライマリー側のみをUDMA66カードに反映させて、

立ち上げるとhdaがhde,cd-romがhdfとなったので試しにCDのマウントをしてみると

mount -t iso9660 /dev/hdf /mnt/cdrom
書き込みが禁止なので読み取りでマウントしますというメッセージが出てから固まっ
てしまいます。

このHPT366チップを使用するには何が足りないのでしょうか?

ご助言、よろしくお願いします。


>
> 参考までにマシン構成ですが、
>
> M/B エリートP5VP-A+ K6-2 550MHz
> Mem 192MB
> Pri マスター HDD UDMA33 8.4G WIN98ME hda
> Pri スレーブ CD-ROM
> Sec マスター HDD UDMA66 8.4G Vine2.1 hdc
> SCSI DC390U CD-RW 内臓 scd0
>           CardReader 内臓 sda1
>           MO 外付け sdb
> SoundCard   Xwave-192
> NIC        LA-PCI

--
*************************
      Akihiko Sano
  aki_sano@livedoor.com
*************************

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: References: