[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:030487] Re: corega FEther PCI-TXL



 谷です。

私も自宅で、Coregaではないですが、PlanexのFNW-9702-Tボードを
(同一chipを使用。)使用していますが、全く問題ありません。

ひょっとして、PCのBIOS設定で、PNP Enable状態で使用していませんでしょうか?
うまく表現できませんが、経験的には、PNPはDisable状態で使用した方が
うまく動作するようです。

注:表現が難しいのですが、BIOS設定画面上で、PNP OS Yes/Noの設定項目が
  表示されるのであれば、この場合には ”No”を選択して
  BIOSによってリソースの認識並びに設定を実施させるように設定してみて
  ください。
  同一マシン上で使用されているWindowsが、95,98,2000のいずれかである場合には
  Yesを選択するようにマニュアルには書かれていますが、Noの設定でも
  問題なく動作すると思います。

当たっていなかった場合はごめんなさいですが、設定を変更して
テストしてみる価値はあると思い投稿します。

|長谷川です。御返答に感謝します。
|皆さんのところでは問題なく動いているということが分かって、まずは
|ほっとしているところです。
|
|From: "Keiji Watanabe" <watanabe@infobase.ne.jp>
|Subject: [vine-users:030470] Re: corega FEther PCI-TXL
|> このNICは持っていないのでテストはよく解りませんが、
|> [vine-users:025357]あたりに同じような質問があります。(2.0ですが)
|> まずはこの辺を調べてみては?
|
|ありがとうございます。書き方がまずくてすみませんでした。
|まさに今お教えいただいた↑そのスレッドを読んで、↓このサイトを
|知りました。
|# 最初に見つけた時には小躍りしそうになりました(^^;)。
||・ http://vine.ic.sci.yamaguchi-u.ac.jp/ にて検索をかけてみたところ、
||  http://www.scyld.com/network/ethercard.html というサイトの存在を知り、
|| そこからダウンロードできる netdriver-2.1-2.src.rpm や netdriver-2.0-3.
|| i386.rpm で試してみても同様(*)。
|
|From: "Robin" <za_robin@mx2.freecom.ne.jp>
|Subject: [vine-users:030474] Re: corega FEther PCI-TXL
|> /etc/conf.modules で
|> alias eth0 via-rhine
|> がちゃんと入ってますか?
|
|はい。真っ先に設定しました。
|これも前回書いておくべきでした。すみません。
|
|> >・localhost(127.0.0.1) や自分自身に対しての ping には反応するが、例えば
|> > 192.168.1.50 等を指定すると「ネットワークに届きません」とのエラー。
|> 192.168.1.50 でなく 192.168.1.48 のような気がしますが。
|> 上のを見る限りでは。
|
|あうう…。これもすみません。「自分自身」というのが 192.168.1.48 です。
|LAN 上の別のマシンへ ping しても反応がないという状況です。
|(反応がないというか、はなからパケットが出て行っていないというか)
|
|From: "Yoshitaka Nakajima" <nakaji@sci.osaka-cu.ac.jp>
|Subject: [vine-users:030479] Re:corega FEther PCI-TXL
|> http://www.corega.co.jp/technical/sorce/via-rthine.c
|> から取ってきたソースを
|(略)
|> で、私の場合まったく問題なくコンパイルできました。
|> もう一度コンパイル時の、エラーメッセージをチェックされてはいかがでしょうか
|
|前回のメールを送信した後、via-rhine.c の末尾にコンパイル方法が
|書いてあるのを見つけ、それで試してみたところ難なく通りました。
|
|# インクルードパスの設定だけが違うようなので、てっきりこのせいだと
|# 思ったのですが、「いくら何でもコンパイルできないソースは置いとか
|# ないよなぁ」と思い直してよくよく見比べてみたら、__KERNEL__ という
|# シンボルを _KERNEL_ と指定していた…というオチだったというのは
|# とても恥ずかしいので内緒にしておいて下さい(汗)。
|
|コホン…。ええと、そうして無事にコンパイルはできたのですが、やはり
|結果はそれまでと変わりません。中嶋さんのところでは問題なく動いて
|いるということは、ここから先の手順に間違いがあるのだろうと思います。
|
|何か致命的な大ポカをしているようですので、ずばっと御指摘いただけ
|ますと救われます…。
|
|# cp via-rhine.o /lib/modules/2.2.17-0vl10/net
|# rmmod via-rhine
|# depmod -a
|# modprobe via-rhine
|# lsmod    (via-rhine が表示される)
|# /etc/rc.d/init.d/network restart (前回のメール同様4行すべて OK)
|# ifconfig    (eth0 は表示されない)
|# ifconfig -a    (eth0 も表示される)
|# ifconfig eth0 up (「SIOCSIFFLAGS: リソースが一時的に利用できません」)
|# ifup eth0    (当然ながら↑同じメッセージ+更なる数行のエラーメッセージ)
|
|このような感じです。間違えているのは、あるいは抜けている作業は
|何でしょうか…。
|
|あと、やはり、
|
||・TurboLinux6.0(FTP) をインストールしようとすると、NIC の設定のところで、
|| 同じメッセージ(*)が表示され、ネットワーク設定はスキップされる。
|
|これも気になっています。コレガのページには「動作実績あり」とだけあって、
|特に備考らしきものはありませんでしたから、「普通にインストールして動く」と
|いうことだと思ったのですが…。
|(などということは、ここで聞くべきことではないですね。すみません…。
| 今から TurboLinux の方の情報も集めてみようと思います。)
|
|NIC 自体の設定がおかしくなっている、というようなことは考えられるもの
|でしょうか。もちろん何もいじったつもりはないのですが。
|そもそも、「SIOCSIFFLAGS: リソースが一時的に利用できません」という
|メッセージはどのような状態の時に出るものなのでしょう。
|(日本語の意味は分かりますけど(^^;)、具体的にはどんな場合に…?)
|--
|K.Hasegawa  herbal@mint.freemail.ne.jp
|
|
|


=====================================
Yukio Tani
E-Mail: tani-yukio@yis.yamatake.co.jp
=====================================

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: References: