[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:030526] PCカードがbusy


中崎です。

今までThinkPad230CsにVine1.0betaをインストールして使用していました。
システム装置本体には
・インターネット接続用に外付けモデム(HUCOM V.34ES II)→COM1に接続
・PCMCIA LANカード(Planet ENW-3500-T,NE2000互換)
・NTTPersonal Paldio321S → COM2として接続
 (PPPサーバ用通信機器として使用)
を接続しております。

このたび、OSをVine2.1(FTP版)に入れ替えた(アップデートではなく、新規
インストールしました)ところ、Paldio321Sに対してppxpを立ち上げ
ようとすると、
「SysIfOpen: デバイスもしくはリソースがビジー状態です」
というメッセージが表示されてppxpが起動しません。

/var/log/massagesを見ると、
Jan 14 03:13:51 rishu network: Setting network parameters succeeded
Jan 14 03:13:52 rishu cardmgr[208]: executing: './network start eth0'
Jan 14 03:13:59 rishu network: Bringing up interface lo succeeded
Jan 14 03:14:01 rishu cardmgr[208]: socket 1: Serial or Modem
Jan 14 03:14:02 rishu cardmgr[208]: executing: './serial start ttyS1'
Jan 14 03:14:06 rishu network: Bringing up interface eth0 succeeded

さらにその後、

Jan 14 03:14:25 rishu kernel: Linux PCMCIA Card Services 3.1.21
Jan 14 03:14:25 rishu kernel:   kernel build: 2.2.17-0vl10 #1 Sat Oct 14 19:32:3
3 JST 2000
Jan 14 03:14:25 rishu kernel:   options:  [pci] [cardbus] [apm] [pnp]
Jan 14 03:14:25 rishu kernel: Intel PCIC probe:
Jan 14 03:14:25 rishu kernel:   VLSI 82C146 rev 00 ISA-to-PCMCIA at port 0x3e0 o
fs 0x00
Jan 14 03:14:25 rishu kernel:     host opts [0]: none
Jan 14 03:14:25 rishu kernel:     ISA irqs (scanned) = 5,9,10 status change on i
rq 10
Jan 14 03:14:25 rishu kernel:   VLSI 82C146 rev 00 ISA-to-PCMCIA at port 0x3e4 o
fs 0x80
Jan 14 03:14:25 rishu kernel:     host opts [0]: none
Jan 14 03:14:25 rishu kernel:     ISA irqs (scanned) = 5,9,10 polling interval =
 1000 ms
Jan 14 03:14:25 rishu kernel: cs: IO port probe 0x0c00-0x0cff: clean.
Jan 14 03:14:25 rishu kernel: cs: IO port probe 0x0800-0x08ff: clean.
Jan 14 03:14:25 rishu kernel: cs: IO port probe 0x0100-0x04ff: excluding 0x378-0
x37f 0x3b8-0x3e7
Jan 14 03:14:25 rishu kernel: cs: IO port probe 0x0a00-0x0aff: clean.
Jan 14 03:14:25 rishu kernel: cs: memory probe 0x0d0000-0x0dffff: clean.
Jan 14 03:14:25 rishu kernel: eth0: NE2000 Compatible: io 0x300, irq 5, hw_addr
00:00:E8:0E:67:2E
Jan 14 03:14:25 rishu kernel: tty01 at 0x02f8 (irq = 9) is a 16550A

と記録されており、PCカードスロットに挿してあるカード(LANカード・
Paldio321S)は両方とも認識されているように思われます。

さらに、cardctlコマンドでPCカードの接続状況を確認したところ、
[root@rishu /root]# cardctl ident
Socket 0:
  product info: "PCMCIA", "UE2212", "ETHERNET", "R01"
  function: 6 (network)
Socket 1:
  product info: "NTT Personal", "32K Paldio 321S PC CARD"
  manfid: 0x00b0, 0x0000
  function: 2 (serial)

[root@rishu /root]# cardctl config
Socket 0:
  Vcc 5.0V  Vpp1 0.0V  Vpp2 0.0V
  interface type is "memory and I/O"
  irq 5 [exclusive] [level]
  function 0:
    config base 0x0100
      option 0x41
    io 0x0300-0x030f [8bit]
    io 0x0310-0x031f [16bit]
Socket 1:
  Vcc 5.0V  Vpp1 0.0V  Vpp2 0.0V
  interface type is "memory and I/O"
  irq 9 [exclusive] [level]
  Speaker output is enabled
  function 0:
    config base 0x0200
      option 0x61 status 0x08 pin 0x00 copy 0x00
    io 0x02f8-0x02ff [8bit]

となっており、これを見てもカード自体はちゃんと認識されている
と思われます。

しかし、cardctl statusでPCカードの動作状況を見てみたところ、
[root@rishu /root]# cardctl status
Socket 0:
  5V 16-bit PC Card
  function 0: [ready]
Socket 1:
  5V 16-bit PC Card
  function 0: [busy]

と、なっており、Paldio321Sがbusy状態になっています。
おそらく先のエラーメッセージの原因はこれではないかと思い、
こういうケースはIRQやI/Oポートアドレスが重なっていることに
起因するのではないかと思ったのでそちらも調べてみましたが、
・IRQ
[root@rishu /root]# cat /proc/interrupts
           CPU0
  0:     113482          XT-PIC  timer
  1:          2          XT-PIC  keyboard
  2:          0          XT-PIC  cascade
  5:       1120          XT-PIC  pcnet_cs
  8:          1          XT-PIC  rtc
 10:          4          XT-PIC  i82365
 13:          0          XT-PIC  fpu
 14:       8084          XT-PIC  ide0
NMI:          0
・I/Oポートアドレス
[root@rishu /root]# cat /proc/ioports
0000-001f : dma1
0020-003f : pic1
0040-005f : timer
0060-006f : keyboard
0070-007f : rtc
0080-008f : dma page reg
00a0-00bf : pic2
00c0-00df : dma2
00f0-00ff : fpu
01f0-01f7 : ide0
02f8-02ff : serial(set)
0300-030f : pcnet_cs
0310-031f : pcnet_cs
03c0-03df : vga+
03e0-03e1 : i82365
03e4-03e5 : i82365
03f6-03f6 : ide0
03f8-03ff : serial(auto)

となっており、IRQやI/Oポートアドレスの重複はないように思われます。

類似事例などがあるか検索もしてみたのですが、特に有力な情報も
得られず、私の知識ではお手上げになってしまいました。

どうしてPaldio321Sがbusyになってしまうのでしょうか?
また、busy状態を解消するにはどのような対策をとったらいいのでしょうか?

もし、お分かりになる方がいらっしゃったらご教示願います。
ちなみにVine1.0betaでは当然のことながら正常稼働していました。

なお、/etc/sysconfig/pcmciaと/etc/pcmcia/serial.optsは
以下の通りになっております。

・/etc/sysconfig/pcmcia
PCMCIA=yes
PCIC=i82365
PCIC_OPTS="irq_list=5,9,10"
CORE_OPTS=

・/etc/pcmcia/serial.opts
# Serial device configuration
#
# The address format is "scheme,socket,instance".
#
case "$ADDRESS" in
*,*,*)
    INFO="Default modem setup"
    # Symbolic link to dialout device
    LINK="/dev/modem"
    # Options for 'setserial'
    IRQ=`setserial -g /dev/$DEVICE | cut -f 7 -d ' ' -`
    SERIAL_OPTS="irq $IRQ"
    # Should we create an inittab entry for this port?
    # INITTAB="/sbin/mgetty"
    # Card eject policy options
    NO_CHECK=n
    NO_FUSER=n
    ;;
esac

ppxpの設定ファイルの内容は以下の通りです。
source server
set IP.REMOTE 192.168.100.10/24
set AUTH.SERVER unix
set AUTH.PASSWD p-nack
set LOG.FILE myserver.log
set LOG.LEVEL phase fsm os sys timer auth chat cp private secret
set LINE /dev/modem
set SERIAL.MODEM paldio321s
set AUTH.PROTO PAP CHAP/MD5
set IP.VJ no
set IP.RESOLV no

また、/dev/modemは/dev/ttyS1にシンボリックリンクされていることを
確認しています。
[root@rishu /root]# ls -l /dev/modem
lrwxrwxrwx    1 root     root           10 Jan 14 03:14 /dev/modem -> /dev/ttyS1


以上、手がかりになりそうな情報はほぼ出したつもりですが、ご指摘など
ありましたらよろしくお願いいたします。

-- 
 Name:中崎 正治 (Nakazaki Masaharu) / E-Mail:p-nack@dd.iij4u.or.jp

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」