[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:030645] Re: mozilla0.6 install


中村@埼玉蕨市です。


Yasuhide OOMORI / 大森保英 <dasen@icntv.ne.jp> wrote:

> > それと、松本さんも少し触れられてますが、私自身 gcc-2.95.3
> > で年末ぐらいから更新されたパッケージを rebuild してみました
> > が、
> > 
> >   * コンパイルエラーで rebuild できない
> >   * root では rebuild できるが一般ユーザーだと rebuild できない
> > 
> > パッケージがいくつかありました(簡単に原因を調べられそうに
> > なかったので中断して、そのときのリストも破棄してしまいま
> > したが)。
> > 
> > なので、単純に gcc & libstdc++ をインストールして、実行環
> > 境を作るだけならまだしも、パッケージを build する可能性ま
> > で考えた場合、スキルの低い人がパニックになるのは目に見え
> > てるので、冗談抜きに人に勧められることではないんです。
> 
> この辺は
> 
> 	VineSeed における gcc-2.95.x (および libstdc++-2.10.x)の問題
> 
> であって、『一般的なパッケージの source RPM を Seed から流用する』場合
> には当てはまらないと思います。いじるスキルのない私なぞにはチャーリーブ
> ラウン式解決法しかないとは思っておりますが…。

Seed のパッケージすべてについて「手を出すな」と誤解してるのかなと
思わないでもなかったんですが、自分としては最初から 「egcs から gcc
に変更になったために起こる問題だ」と言ってたので、あくまでもその話
をしているつもりだったのですが。

まぁ、誤解を与えてしまったことに関しては申し訳ありません。


> > # それ以外にも、最近のパッケージってマクロを結構使用してる
> > # ので、「rebuild してね」って言うだけでは不十分で、
> > # 「~/.rpmmacros にこう書いてね」までフォローしないと余計
> > # 混乱しそうな気がするのは私だけ?
> 
> これは with_hogehoge が定義されているか否かで生成されるバイナリが違う
> パッケージの話でしょうか? それとも %configure や %makeinstall マクロの
> 話でしょうか?

これは、config option ではなくて、後者の %configure や %makeinstall
マクロなどの話です。

大雑把に言えば、configure option はおっしゃる通りに生成されるバイナ
リが異なるだけで、必要なパッケージがちゃんとインストールされていれ
ば rebuild 自体失敗することはあまりないと思います(期待する実行結果
が得られるかというのはまた別の話です)。

それに対して、%configure や %makeinstall マクロは記述を間違えるとコ
ンパイルは正常終了するけれども、%files の記述との不整合でパッケージ
が作成されない場合があると言うことです。例えば、fileutils などがそ
うなんですが、exec_prefix を指定し忘れていただけで、こういう結果を
招きます(単に自分の不注意以外の何者でもないんですが(^^;)。

実際に、rebuild する前にどのくらいの人が spec ファイルを確認してい
るか分かりませんが、不用意に rebuild するとこういうトラブルも起こり
得るということで一応注意した方が良さそうだと個人的には思ってるわけ
です。


----
中村  幸治 <hawks@da2.so-net.ne.jp>

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
References: