[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:030681] Re: VINE2.1でのパーミッションの変更について


大里@横浜市青葉区です。

> From: Kunio Murasawa <murasawa@marineroad.com>
> Subject: [vine-users:030653] Re: VINE2.1でのパーミッションの変更について
> Date: Wed, 17 Jan 2001 17:32:24 +0900
> Message-ID: <200101170827.f0H8RHi03470@mail.marineroad.com>
> On Wed, 17 Jan 2001 15:00:56 +0900

> > 保存や取り出しはできるのですが,フロッピーディスクに対しては,読み出しが
> > できるが,保存などの書き込みができません。パーミッションを見ましたら
> 
> rootなら出来ますよね?

普通(というか絶対)samba ユーザーに root は加えないでしょう。

> >  どのようにすればVINE2.1の/mnt/floppyのパーミッションが変更できるので
> > しょうか。教えてください。
> 
> mountした状態でchmodしてませんか?
> umountな状態ならば変更できると思います。

umount してパーミッション変えても意味ないです。

たぶん、パーミッションが変わらないのは、fat なフロッピーだから
じゃないでしょうか。もともと fat には owner 情報はありませんか
ら。
わたし的には、(v)fat なリムーバブルメディアをsambaで共有して書
き込み権を与えるのは好きじゃないのですが、どうしても必要なら、
linux と samba のユーザid をきちんと連動管理して、samba 側のユー
ザ自身が自分で linux に ligin して mount / umount を行う必要が
あります。または、nobody ユーザーにするか?
  # swat なら、その辺まで面倒みてくれるんでしたっけ?
いずれにしても、
  - ユーザーは Windows という mount / umount の概念かない環境
    から操作しているのに、
  - linux 側では mount / umount する必要があり。
  - しかも、FD の場合は、umount しなくても reject できてしまう 
  - さらに、メディア(fat)側と操作(windows)側には owner の概念
    がないのに、Linux はそれを必要とする
という点の運用的な折り合いがややこしくて、嫌いです。

元記事の方へ:
どういう環境で、誰が(一般ユーザなのか、管理者なのか)どうい
う目的で(日常的なのか、例外的なのか)が分かれば、もう少し
フォローがつくんじゃないでしょうか。

-- 
  ; kazz@kk.iij4u.or.jp 
  ; 大里和朗@横浜市青葉区 

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: References: