[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:050099] Re: Mac 上で書いたソースをVineでコンパイルできません


私もReply-Toにやられました。:-<

>>>> [vine-users : No.050069] にて
>>>> "田中" = Hajime Tanaka <BYH01337@nifty.ne.jp> さんは書きました:

田中>  としましたが、いま何気なくcatを試したところ改行がやはりおかし
田中> いことに
田中> 気づきました。Emacsでは正常に見えるのですね。ではもうすこし自分
田中> で改行
田中> の変換について調べてからメールを出すべきでしたが、もう流してしま
田中> った
田中> いじょうしかたがありません。ご教唆いただけたら幸いです。

おお、教唆しちゃってもいいんでしょうか? MacOS XにするとDarwinレイ
ヤにgccやemacsまでありますよぉ、とかかな?

ま、それはさておき、お使いなのは、Vine Linux for PPCですよね。
intel版のgccでは、改行コードをどれにしてもコンパイルは通ってしま
うようですよ。同じエラーが再現できません。これはどなたか詳しい方
におまかせということで...

ところで、Emacsの文字コード判定はよく間違うことも事実です。特に、
autodetectionはあまり信用しないほうがいいかもしれませんよ。ユーザ
が責任を持って指定するというのが一番確実だと思います。変換のほう
は、ファイルを開いて、C-x, Enter, f で指定できます。スペースキー
で補完ができます。ここで、*-unixを選べがお望みの変換ができます。

# ついでに言うと、C-x, Enter, c は次のコマンドに対して文字コード
# を指定する。

でも、皆さん言うとおり、nkfとかで、

$ for i in *; do nkf -e -Lu $i > $i.tmp; rm -f $i; mv $i.tmp $i; done

とかすると、一瞬のうちに終わるので、このためにEmacsを起動する必要
はないと思います。

Emacsで改行コードを「見たい」なら、hexl-modeがあります。

M-x hexl-find-file

して、ファイルを開くと、16進ダンプが見られます。odと違って、マシ
ンのendianには関係なく表示するみたいです。
# intelのCPUしか使ったことがないので断言はしませんが、明らかに
# od -h の出力とは逆になっている。

Emacsへの教唆、にはなってないか... :-P
-- 
toshi

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
References: