[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:050373] Re: xinetd スクリプトがありません


YukaYoshikawaです。ご回答ありがとうございます。

さくさんは書きました。。
> Vineにxinetdのパッケージがあるかどうかは知りませんが……
> (plusに入ってたりしませんか?)
ちょっと探せませんでした。
ftp://ftp.media.kyoto-u.ac.jp/pub/Linux/Redhat/7.2/ja/os/i386/SRPMS
からxinetd-2.3.3-1.src.rpmをダウンロード・ビルド・インストールできました。
 
> $ file `which service`
「/sbin/service: Bourne shell script text executable」
と表示されました。

$ /sbin/service xinetd status
xinetd (pid 693)を実行中....

となりました。でも
# cd /etd/rc.d/init.d
# inet status
inetd (pid 1283)を実行中...
# xinetd status
Usage: xinetd [-d] [-f config_file] [-filelog filename] [-syslog facility] [-reuse] [-limit proc_limit] [-loop loop_rate] [-pidfile filaneme] [-logprocs limit] [-shutdownprocs limit] [-cc interval]

となってしまいました。イマイチ意味が分かりません。xinetdスクリプトは下記のようになっているのですがどうして
引数としてstatusを使えないのでしょうか?



#!/bin/bash
PATH=/sbin:/bin:/usr/bin:/usr/sbin
# Source function library.
. /etc/init.d/functions
# Get config.
test -f /etc/sysconfig/network && . /etc/sysconfig/network
# More config
test -f /etc/sysconfig/xinetd && . /etc/sysconfig/xinetd
# Check that networking is up.
[ ${NETWORKING} = "yes" ] || exit 0
[ -f /usr/sbin/xinetd ] || exit 1
[ -f /etc/xinetd.conf ] || exit 1
RETVAL=0
if [ "$NETWORKING_IPV6" = "yes" ] && [ -x /usr/sbin/xinetd-ipv6 ]; then
    prog="xinetd-ipv6"
else
    prog="xinetd"
fi
start(){
    echo -n $"Starting $prog: "
    # Need to get rid of localization for external services - 
    # it doesn't make much sense to have i18n on the server side here
    LANG=en_US
    LC_TIME=en_US
    LC_ALL=en_US
    LC_MESSAGES=en_US
    LC_NUMERIC=en_US
    LC_MONETARY=en_US
    LC_COLLATE=en_US
    export LANG LC_TIME LC_ALL LC_MESSAGES LC_NUMERIC LC_MONETARY LC_COLLATE
    unset HOME MAIL USER USERNAME
    daemon $prog -stayalive -reuse -pidfile /var/run/xinetd.pid "$EXTRAOPTIONS"
    RETVAL=$?
    echo
    touch /var/lock/subsys/xinetd
    return $RETVAL
}
stop(){
    echo -n $"Stopping $prog: "
    killproc $prog
    RETVAL=$?
    echo
    rm -f /var/lock/subsys/xinetd
    return $RETVAL
}
reload(){
    echo -n $"Reloading configuration: "	
    killproc $prog -USR2
    RETVAL=$?
    echo
    return $RETVAL
}
restart(){
    stop
    start
}
condrestart(){
    [ -e /var/lock/subsys/xinetd ] && restart
    return 0
}
# See how we were called.
case "$1" in
    start)
	start
	;;
    stop)
	stop
	;;
    status)
	status $prog
	;;
    restart)
	restart
	;;
    reload)
	reload
	;;
    condrestart)
	condrestart
	;;
    *)
	echo $"Usage: $0 {start|stop|status|restart|condrestart|reload}"
	RETVAL=1
esac
exit $RETVAL

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: