[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:050439] Re: ASTEC-X を使ってVineLinux2.5に接続


菊池@春日部です。

# 完全に余談ですが(^^;

K.Iwamotoさんの<20020513115847.9C89.HEEP@po.synapse.ne.jp>から

> ASTEC-Xって使ったことないんですが、お金かかるんですか?

はい、れっきとした商用ソフトです。結構高いです(^^;

ASTEC-Xは、僕が半年ほど働いていたソフトハウスでも使っていました。
ホストはSolarisでしたけど。

Xアプリを開発しているような会社では、この手のPC Xサーバを
たいてい導入してますよね。他にも、Reflection X、XVision、Exceed
などがあります。

> うちでは、WinXPでCygwin + Xfree86なんですけど問題なく動いて
> います。

自分もそのうちやろう、と思っていたりします(^^)
でも最近あまりX飛ばしする必要がなくなってたり…(TeraTermで済んじゃう)。

> 答えじゃなくてすいません。
> 動くものに代えるっていうのもありかと思って。。只だし

個人で使う分にはイイと思います。
ただ、業務で開発に使うツールとして考えると、Setup.exe叩くだけの
Winアプリと、CygwinでX環境を構築する手間を比べると、会社の場合は
経費で買えますし、サポートの問題もありますので商用ソフトを購入
する方がメリットが大きいでしょう。

# 例えば他にも、UNIXサーバをWindowsのファイルサーバにするのに、
# Sambaを使わずPC-NFSクライアントを使ったり。

最近はLinux(に限らずPC-UNIX)が普及してきたんで、その辺
(コストの考え方とか)も変わってくるかもしれませんね。

-- 
菊池順一 <maxi@anrakuisu.com>

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: References: