[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:050463] Skyboard on 2.5(インストール方法)


Skyboardインストールメモ

前提条件
Vine2.5がインストールされていること。すべてapt-getで持ってくる方法でやりまし
た。今後パッケージの内容変更等でapt-get upgradeすると動かなくなる可能性はあ
りますが、、、。
安全を考えるとCD-ROMからapt-getしたほうが安全でしょう。

1.postgresqlインストール開始
# apt-get update
# apt-get install postgresql
# apt-get install postgresql-devel
# apt-get install postgresql-server

2./var/lib/pgsqlをpostgresユーザー権限へ移行させる
# cd /var/lib
# chown -R postgres.postgres pgsql

3.postgresユーザーパスワードの設定
# passwd postgres
New UNIX password:************<--ここにパスワード入力
Retry new UNIX password:************<--上と同じパスワードを再入力

4.データベースの初期化
# su - postgres
$ initdb
**ここで大量のコメントが流れる。**
$ exit<--root権限に復帰
#

5.Skyboardで利用するIPアドレスをpostgresqlに設定

# vi /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf

既にひな形がある
# host  all 127.0.0.1   255.255.255.255 trust
を
host    all 127.0.0.1   255.255.255.255 trust
にして保存。


# vi /var/lib/pgsql/data/postgresql.conf

次の二つの設定をコメントを外して有効にする
# tcpip_socket = false
# port = 5432
を
tcpip_socket = true
port = 5432
にして保存。

6.postgresql起動
# /etc/rc.d/init.d/postgresql start<--すでに起動していたらrestart
Startingpostgresql service: [ OK ]が出ればよい。

7.Apache からアクセスできるようにPostgreSQLにapacheユーザを登録する.
  その際に DB 作成とユーザ作成の権限を与えないように注意すること

# su - postgres
$ createuser apache
Shall the new user be allowed to create databases? (y/n)<--必ずnと入力
Shall the new user be allowed to create more new users? (y/n)<--必ずnと入力
CREATE USER<--この表示が出れば成功。
$ exit<--root権限に復帰

8.apacheのインストール
# apt-get install apache
# apt-get install apache-devel
# apt-get install apache-manual

9.PHP3 をインストール.
もしphp3-cgi-imapとphp3-cgi-pgsqlのインストール時に「php.iniがない」というエ
ラーが出たら、念のために再インストールを行ないましょう。入れる手順は下記の通
りです。

# apt-get install php3
# apt-get install php3-cgi-imap
# apt-get install php3-cgi-pgsql
# apt-get install php3-cgi
# apt-get install php3-manual

10.付加機能用ソフトインストール
WebMail機能を使うなら
# apt-get install imap

Web検索を使うなら
http://chasen.aist-nara.ac.jp/chasen/distribution.html.ja
**私は、srpmを使ってrpm --rebuildしました**

11.Skyboardのインストール
まず、
skyboard-2.0.tar.gz
http://www.tms-px.co.jp/sky/sky.html
postgres.sh.patch
http://mland98.rc.kyushu-u.ac.jp/pub/Tips/skyboard/postgres.sh.patch
masters.dist.linux.patch
http://www.g-a.dyn.to/~nitta/Vine/masters.dist.linux.patch
を揃えて、
/tmp
にコピー(ダウンロード)します。

# cd /usr/tmp
# tar zxf /tmp/skyboard-2.0.tar.gz
# chown -R postgres.postgres skyboard
# cd skyboard
# patch < /tmp/postgres.sh.patch
# patch < /tmp/masters.dist.linux.patch
# su - postgres
$ cd /usr/tmp/skyboard
$ csh postgres.sh
Name your database.(default:masters) -> (そのまま Enter)
$ exit<--root権限に復帰
#

# cd /usr/tmp/skyboard
# csh root.sh
Where is DocumentRoot of Apache? -> /home/httpd/html
#

12.PostgreSQL と Apache を再起動及び起動させる
# /etc/rc.d/init.d/postgresql restart
# /etc/rc.d/init.d/httpd start<--前に起動していたらrestart

13.パーミッションの変更
# cd /home/httpd/html/skyboard
# chmod 644 gw.conf

以上でインストール作業は終了です。

後は確認作業。

SkyboardをセットしたPCで確認するなら
http://localhost/skyboard/index.html

外のPCから確認するなら
http://インストールしたPCのIPアドレス/skyboard/index.html

TOP ページの [Log in] クリックして、ユーザ認証ウィンドウに以下を入力する
ユーザ ID : admin
パスワード: admin

以上です。
--
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
須々木俊太(ススキ シュンタ)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: