[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:050585] Re: Vine2.5 でFastTrakTX2000


岩佐@アルファシステムズ です。

>  こんにちは、marchinです。
> 
>   Vine2.5でFastTrak TX2000を使用しようと四苦八苦しております。

>  しかし、make xconfigで見ると、
>    Support for IDE Raid controllers
>    Support Promise software RAID (Fasttrak(tm))
>  が灰色となっており選択不能となっています。
>  make menuconfigでもその項目が出てきません。
> 
>   この項目を出すにはどのような操作が必要なのでしょうか?

  結論から言うと、Main -> Code maturity level options にある、

    Prompt for development and/or incomplete code/drivers [Y/N]

をYにしてないのだろうと思います。Yに変更してみてください。


  この表示を作っているのは、linux/driver/ide/Config.inの

| dep_tristate 'Support for IDE Raid controllers' CONFIG_BLK_DEV_ATARAID $CONFIG_BLK_DEV_IDE $CONFIG_EXPERIMENTAL
| dep_tristate '   Support Promise software RAID (Fasttrak(tm))' CONFIG_BLK_DEV_ATARAID_PDC $CONFIG_BLK_DEV_IDE $CONFIG_EXPERIMENTAL $CONFIG_BLK_DEV_ATARAID
| dep_tristate '   Highpoint 370 software RAID' CONFIG_BLK_DEV_ATARAID_HPT $CONFIG_BLK_DEV_IDE $CONFIG_EXPERIMENTAL $CONFIG_BLK_DEV_ATARAID

この3行です。

  Support for IDE Raid controllers は、CONFIG_BLK_DEV_ATARAID
に値が設定され、$CONFIG_BLK_DEV_IDEと$CONFIG_EXPERIMENTALが
有効でないと使えません。
  Source treeをgrepすれば、CONFIG_BLK_DEV_IDEは

    Enhanced IDE/MFM/RLL disk/cdrom/tape/floppy support

の設定のことで、CONFIG_EXPERIMENTALは先の設定であるとわかる
と思います。

--- Think Diffident ----------------------------------------
                                            uaitne.

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: References: