[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:060473] Re: kernel-2.4.20 のIDEの不具合の続報


こんにちは、今野です。

Tetsuro KONISHI <tkonishi@allegro.phys.nagoya-u.ac.jp>さんが
「Mon, 19 May 2003 18:37:06 +0900」に
「[vine-users:060465] Re: kernel-2.4.20 の IDE の不具合の続報」を書きました。
>     現在こちらでは ARAID99/500を使っています。(kernel 2.4.20) 
> 起動時に
> hda: task_no_data_intr: status=0x51 { DriveReady SeekComplete Error }
> hda: task_no_data_intr: error=0x04 { DriveStatusError }
> と出る以外は、いまのところ特に大きな問題は出ていません。
> 
> が、みなさんの話を聞いていたら、段々心配になって来ました。

これ、私の時にも出ていました。(--;

私の時はDMAをONにしたときに出ていて、気にはなっていたんですが無視をして
長時間リセットを掛けないで運用しているとこのエラーが大量に出てファイルが
大量に破壊されていました。(T_T)
どういう風に破壊されていたかというと、fsckを掛けた後にチェックしたら、
/etc等の下や、/sbin、その他/homeの各ユーザの下のファイルのかなりの数が容
量0バイトのファイルになっていました。
DMAをOFFにしたらこのエラーは出なくなったのですが、ファイルの容量が増大し
始めたら同じようにファイルが破壊され初め、その時はこのエラーは出ていなかっ
たと思います。

また、Linuxだけかと言うと、後にWindowsのOSでもチェックしたときに同じよう
におかしくなってファイルが破壊されたことや、M/Bによっては起動時に既にエ
ラーが発生してRAID 1の再構築が勝手に始まって、RAID 1の再構築が終わると同
時にエラーの音が鳴り始め、RAIDの下側のHDDがエラーで止まってしまうという
現象が起きましたので、ハードの問題だと思います。

ARAID99/300は、2台持っていたんですが全部ゴミとして処分しました。


> もしもよろしかったら、そのSCSI RAIDの機種名を教えて頂けますでしょうか?
> (無理にとは申しません。)

4年間ほど問題なく動いているのはMylexのAcceleRAID-170で、24H365Dの運用で
健気に働いてくれています。
また、Adaptec 2100Sもファイルサーバで2年ほど24H365Dで動いていますが、こ
れも今のところ問題ないです。



----
 My name is KONNO Yousuke.
      e-mail yousuke@bbwaves.com

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: References: